ニュース
» 2013年01月01日 10時12分 UPDATE

外伝アニメ化も絵馬で発表、『らき☆すた』聖地の鷲宮神社に初詣に行ってきた (2/2)

[堀内彰宏,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

アニメ化企画中!

 鷲宮神社に戻ると、焼きそばやたこ焼きといった一般的な屋台が並ぶ隣で、『らき☆すた』グッズが当たるくじ引きや、埼玉新聞の号外『サイタマニア』の配布などが行われている。

ah_wa99.jpg 新発売のツンダレケチャップ
ah_wa100.jpg ちなみに同様の発想で作られた「鷲宮ジンジャードロップス」という商品もある
ah_wa101.jpg ネタにされる元AKB48の増田有華さん

 境内をうろうろしていると、ノートPCにWebカメラを付けて、ネット配信をしている人も見かける。後で調べると、6000人以上の来場者数を集めていた放送もあったようだ。

ah_wa8.jpg 来場者数が6000人を超えていた年越し配信も

 年越しを迎えるころ、絵馬奉納所のあたりに人だかりができる。「何だろう?」と思って見に行くと、『らき☆すた』作者の美水かがみさんと、アニメ監督の山本寛さんの連名で「宮河家の空腹 アニメ化企画中! よろしくねぃ〜」と書いた絵馬が飾ってある。

ah_wa9.jpgah_wa10.jpg アニメ化企画中!

 『宮河家の空腹』とは、『らき☆すた』を原作としたゲーム『らき☆すた 萌えドリル』シリーズに登場する宮河ひなた・ひかげ姉妹を主役としたスピンオフ作品。この絵馬が本当なら、『らき☆すた』の外伝アニメが製作されているということになる。

 ただ絵馬が飾ってあっただけならなりすましの可能性もあるのだが、鷲宮商工会館でも年明けと同時に『宮河家の空腹』のパンフレットを配り始めていたので、どうやら本当のようである。『サイタマニア』に掲載されている座談会でも、コンプティーク編集長の加藤剛さんが『らき☆すた』の今後の展開について、「毎年、美水先生が絵馬を描いて、奉納されたりするので、絵馬で発表しようと思っています」と話している。

ah_wa11.jpg 鷲宮商工会館で配っていたチラシ

 『宮河家の空腹』の放映時期については触れられていなかったが、ファンにとってはうれしい知らせだろう。絵馬奉納所でも「『らき☆すた』2期希望」と書いている絵馬が目立っていたのだが、この発表を彼らはどのようにとらえているのだろうか。

ah_wa12.jpgah_wa200.jpg 『らき☆すた』2期を望む声は多い

ah_wa13.jpgah_wa201.jpg みんなの願いです(左)、去年の絵馬のような……(右)

ah_wa14.jpgah_wa15.jpg まったり系

ah_wa16.jpgah_wa17.jpg ネズミの耳のキャラは無理かも(左)、かなりの本気を感じた(右)

 さて、肝心の今年の初詣参拝客数はどうだったのか。列は大晦日の21時ごろから形成されていたのだが、年越しの瞬間の列の長さは前年より20メートルほど短かった。ただ、列が途切れたのは、前年と同じ4時半ごろ。長蛇の列を避けるために、地元の人が遅い時間帯に来ているような雰囲気が感じられた。このペースなら、例年並みの40万人台後半に落ち着くのではないだろうか。

 もし、アニメ『宮河家の空腹』が2013年中に放映されるなら、来年の初詣参拝客数がどのくらい増えるか気になるところである。

ah_wa18.jpg 年越しの瞬間の最後尾
前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集