連載
» 2012年12月29日 00時00分 UPDATE

クイズ王のすごい考え方:今年のお米のできはどう? とある農家はこう言った (1/2)

新潟で50年間もお米を作り続けている農家の人に「今年のお米のできはどうですか?」と聞いたときのこと。きっとこの農家の人は感じるままに答えたのでしょうが、それは人生の教訓になるような一言だったのです。

[西沢泰生,Business Media 誠]

連載「クイズ王のすごい考え方」について

ks_nisizawa190.png

 この連載は書籍『壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方』(アスコム)から抜粋、再編集したものです。

 自己啓発書は、読んでいるときは内容に思わず納得。しかし読み終わると書いてあることを忘れ、実行に移せている人は少ないと思います。本書は、そんな問題点を解消する画期的なものです。

 インパクトの強いエピソードをクイズ形式で紹介しているところが、本書の最大の特徴です。イチローや黒澤明、スティーブ・ジョブズといった一流の人たちの考え方が、問題を解きながら楽しく学べます。さらにクイズを友人や知人に出題することで、記憶の定着は倍増するでしょう。

 著者は「タイムショック」優勝、「ウルトラクイズ」準優勝などの輝かしい実績を残してきたクイズ王・西沢泰生。

そんな西沢氏が出題するクイズを通じて、一流の人に近づきましょう!


著者プロフィール:西沢泰生(にしざわ・やすお)

 1962年、神奈川県生まれ。中学2年生のころにテレビでみたクイズ王にあこがれ、大学時代には漫画研究会にて漫画をたしなむと同時に、クイズ番組に出場するようになる。出場回数は20回を数え、「パネルクイズ アタック25」「クイズタイムショック」などで優勝。「第10回アメリカ横断ウルトラクイズ」では、ウルトラクイズ史上唯一の北米チャンピオンに輝く。日本初のクイズ同好会「ホノルルクラブ」に所属。

 仕事では約20年間、社長秘書と兼任で社内報の編集を担当。現在は赤坂勤務の会社員。「チャーニーのお気楽日記」「やっさんの私的おススメブック日記」の2つのブログを主催している。



 映画『おくりびと』の脚本家としても知られる企画会社社長の小山薫堂さん。これは、彼の著書に出てくる、あるカメラマンの話です。

 そのカメラマンが、新潟で50年間もお米を作り続けている農家のところへ取材に行ったときのこと。写真を撮り終えて、最後に何気なく「今年のお米のできはどうですか?」と聞いたのだそうです。

 それに対する農家の人の返事が実にカッコよかった。きっとこの人は感じるままに答えたのでしょうが、人生の教訓になるような一言だったのです。

問題:

この農家の人、「いや分かりません」と言ったあと、何と言葉を続けたでしょう?

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -