ニュース
» 2012年12月28日 12時18分 UPDATE

いまだ氷河期? 2014年の新卒採用

2014年4月入社の就職戦線は「氷河期」または「売り手市場」どちらなのだろうか。企業の人事担当者に聞いた。楽天リサーチ調べ。

[Business Media 誠]

 2014年4月入社の就職戦線は「氷河期」または「売り手市場」どちらなのだろうか。企業の人事担当者に聞いたところ「氷河期(超氷河期を含む)」と答えたのは44.9%に対し、「売り手市場(かなりを含む)」は8.5%。依然として、新卒学生にとっては厳しい状況が続いていることが、楽天リサーチの調査で分かった。

 「氷河期」と答えた人に、2013年卒採用時と比べた場合の変化を温度であらわしてもらったところ「プラスマイナス0度(昨年と同様)」(38.4%)がトップ。次いで「マイナス1〜10度」(16.7%)、「プラス1〜10度」(12.3%)と続いた。マイナスの合計は36.7%で、プラスの合計24.8%を11.9ポイント上回った。

yd_shushoku1.jpg 2013年卒採用時と比べた場合の変化(出典:楽天リサーチ)

企業側のソ−シャルメディア活用率

 ここ数年、ソーシャルメディアを使った就職活動――いわゆる“ソ−活”という言葉が登場しているが、企業側はソ−シャルメディアを採用にどの程度活用しているのだろか。

 SNS(Twitter、Facebook、LINEなど)で企業情報を発信したり、学生とコミュニケ−ションをとったりしているかどうかをたずねたところ、15.9%が「はい」と回答。「SNSを通じて学生同士で就活に関する情報を取得する機会が多くなっているため、多くの企業は、今後SNSを有効な採用ツ−ルとして活用することが課題と言えるのではないか」(楽天リサーチ)としている。

yd_shushoku2.jpg SNSで企業情報を発信したり、学生とコミュニケ−ションをとったりしていますか? (出典:楽天リサーチ)

 インターネットを使った調査で、企業の人事担当者800人が回答した。調査期間は11月28日から29日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集