調査リポート
» 2012年12月26日 13時08分 UPDATE

“バブル崩壊”から回復!? 収益増のアニメ制作会社の割合が増加

帝国データバンクの調査によると、2011年度に前期比増収になったアニメ制作会社は42.5%と、同減収となった35.6%を上回ったことが分かった。

[Business Media 誠]

 帝国データバンクは12月20日、アニメ制作会社の経営実態調査の結果を発表。それによると、2011年度に前期比増収になった企業は42.5%と、同減収となった35.6%を上回ったことが分かった。

 増収企業の構成比の推移を見ると、2008年度、2009年度と連続で減少していたが、2010年度に反転し、2011年度で2期連続の増加となった。

 帝国データバンクでは「放映数の増加のほか、パチンコ機器やソーシャルゲーム向けの受注で収益をあげている企業の存在が挙げられる。アニメ産業の根幹であるアニメ制作会社の業績が、“アニメバブルの崩壊”とも言われた状況から回復しつつある」とコメントしている。

ah_anime1.jpg アニメ制作会社の前期比での売り上げ動向(出典:帝国データバンク)

 最新期の収入高規模別にみると、最も多かったのは「1億円以上5億円未満」で41.9%。以下、「10億円以上」が28.0%、「1億円未満」「5億円以上10億円未満」がそれぞれ15.1%で続いた。

 本社の所在地は「東京都」に92.1%が偏在しており、中でも「杉並区」(27.2%)や「練馬区」(21.1%)、「武蔵野市」(9.6%)の割合が高い。「東映アニメーション(旧・東映動画、練馬区)といった草創期の企業が集中していたことに加え、タイトなスケジュールのなかで納品等における利便性といった理由がある」(帝国データバンク)

ah_anime2.jpg アニメ制作会社の所在地(出典:帝国データバンク)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -