コラム
» 2012年12月20日 08時01分 UPDATE

相場英雄の時事日想:選挙を終え、官僚とマスコミが“逆戻り”するかもしれない (1/3)

総選挙で、自民党が勝利した。マスコミ各社の予想を上回る大勝利だったので、不安を感じている人も多いのではないだろうか。筆者の相場氏も、官僚とマスコミが古い時代に逆戻りするのではないかと懸念している。

[相場英雄,Business Media 誠]

相場英雄(あいば・ひでお)氏のプロフィール

yd_aiba1.jpg

1967年新潟県生まれ。1989年時事通信社入社、経済速報メディアの編集に携わったあと、1995年から日銀金融記者クラブで外為、金利、デリバティブ問題などを担当。その後兜記者クラブで外資系金融機関、株式市況を担当。2005年、『デフォルト(債務不履行)』(角川文庫)で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、作家デビュー。2006年末に同社退社、執筆活動に。著書に『震える牛』(小学館)、『偽計 みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎』(双葉社)、『鋼の綻び』(徳間書店)などのほか、漫画原作『フラグマン』(小学館ビッグコミックオリジナル増刊)連載。ブログ:「相場英雄の酩酊日記」、Twitterアカウント:@aibahideo


 先の総選挙では事前予想通り、いや予想以上に自民党が大勝した。民主政権のドタバタが完全に嫌気された結果に他ならない。選挙結果の分析や詳報は他稿に譲るとして、私なりに今般の選挙結果で浮かび上がる懸念に触れる。キーワードは「逆戻り」。官僚とマスコミがまたぞろ古い時代に戻るのではないか。

政治主導の本質

yd_aiba2.jpg 民主党政権が誕生したとき、キャリア官僚からは不満の声が相次いでいた(写真と本文は関係ありません)

 「これが彼らの“政治主導”の本質なんです」――。

 2009年に民主党政権が誕生した直後、ある中央官庁のキャリア官僚が私にこんな言葉を漏らした。彼の手元には所属する官庁の職員配置を記した一覧表があった。所々に赤ペンでバツ印が入れてある。

 愚痴の根源は、こういう構図だ。

 官僚支配を打破すべく、政治主導を訴えて誕生した民主党政権。新たに送り込まれた民主党の大臣たちは、官僚の箸の上げ下げまで指示を出し、あげく職員の座席表にもクレームを入れたというのだ。

 「生活指導担当の教員が問題児を監視するような姿勢だ」――。

 こう吐露する官僚の言葉に私はあきれた。政治家が官僚を使いこなし、新しい政策を通していくのが政治主導の根本だと思っていた私は、がくぜんとしたことを鮮明に記憶している。同時に、民主党が“政治主導”というスローガンを完全にはき違えているとも感じた。

 その後、民主党政権が打ち出す各種施策が遅々として進まず、かつチグハグさが目立ったこの背後には、こうした政治家と官僚の対立という根深い事情が潜んでいた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集