ニュース
» 2012年12月19日 17時57分 UPDATE

首都圏で一人暮らしの人、次はこんな家に住みたい (1/2)

一人暮らしの社会人は、どんな部屋に住んでいるのだろうか。首都圏に住む20代のビジネスパーソンに聞いたところ、平均金額は6万1100円であることが分かった。アットホーム調べ。

[Business Media 誠]

 一人暮らしの社会人は、どんな部屋に住んでいるのだろうか。首都圏に住む20代のビジネスパーソンに聞いたところ、平均金額は昨年比3800円減の6万1100円であることが、アットホームの調査で分かった。また希望する家賃を聞いたところ、現状より9600円安い5万1500円。この結果について、アットホームは「将来への不安からか少しでも家賃を安くして、貯蓄にまわそうと考えているのかもしれない」とコメントした。

yd_home1.jpg 平均家賃(出典:アットホーム)

 現在の間取りを聞いたところ「1K」(53.3%)が最も多く、次いで「ワンルーム」(18.0%)、「1DK」(8.5%)、「1LDK」(7.8%)だった。ただ希望の間取りは「1LDK」(27.5%)がトップ。特に男性は「1LDK」以上を希望している人が55.5%と女性よりも13ポイントも多く、より住空間を重視していることがうかがえた。

yd_home2.jpg 現在の間取りと希望の間取り(出典:アットホーム)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集