連載
» 2012年12月14日 08時02分 UPDATE

新連載 博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:あなたはどっちを選びますか? 究極の2択 (4/4)

[吉川昌孝,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

 こんな厳しい時代だからこそ、大事にしていきたい日本人のベーシックな意識があります。それは自分の将来イメージ。厳密に言えばこの質問は2択ではなく、「明るい将来だと思う」と「どちらかというと明るい将来だと思う」を選んだ人を足し合わせて「明るい派」、「暗い将来だと思う」と「どちらかというと暗い将来だと思う」を選んだ人を足して「暗い派」とし、その時系列変化を見たものです。

 その結果、「明るい派」の優位は20年前から変わってないのですが、時代とともにその差がどんどん縮まってきているのです。バブル崩壊直後は約8:2で「明るい派」優勢だったのが、2008年には6:4に。

yd_yoshikawa7.jpg 「将来は暗い」と考えている人が増えつつある

 ここ数年はその比率でとどまっていますが、傾向だけ見ればさらにその差が縮まってもおかしくない状態です。これまでずっと「明るい派」優勢できていたのですから、苦しい時代の今だからこそ、せめて将来は「明るいと思う」とイメージしたいものです。そんな意識を維持することが、これからの不透明な時代を生き抜くためには、大切なのかもしれません。

関連キーワード

日本 | 博報堂 | 調査


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -