調査リポート
» 2012年12月12日 13時00分 UPDATE

Webで注目が集まっている政党はどこ?

PR TIMESとNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、各政党のWeb上での注目度を共同調査した結果を発表。Webニュースでは民主党・自民党・日本維新の会・日本未来の党が多く取り上げられ、口コミでは自民党と民主党が多く言及されているようだ。

[Business Media 誠]

 PR TIMESとNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは12月11日、各政党のWeb上での注目度を共同調査した結果を発表した。この調査は、国内ニュースサイトとポータルサイトを指定したキーワードで検索して、ニュース記事URLを毎日メールで報告する「Webクリッピング」と、Twitter社から日本語ツイート全量を取得し、クチコミをリアルタイム分析する「BuzzFinder」で独自に集計を行ったもの。

 調査によると、11月29日から衆議院議員総選挙が公示された12月4日までのWebニュース露出件数では、民主党・自民党・日本維新の会・日本未来の党が1日500〜1200件と多かった一方、それ以外の政党は1日あたり数件〜300件台にとどまった。

 公示翌日の12月5日以降は民主党と日本未来の党の露出減少幅が大きかったが、自民党と日本維新の会が露出件数を比較的保つ傾向にあった。また、11月29日のニコニコ生放送「ネット党首討論会」の後や、12月4日の総選挙公示のタイミングでは、各党とも露出数を大きく伸ばしていた。

ah_web1.jpg 政党別Webニュース露出件数

 直近の12月7〜9日の口コミ数を見ると、自民党が1日当たり7万件前後でトップ。民主党がその5〜6割にあたる3万〜4万件前後で続いた。それ以外の政党は、多くても1日当たり1万件前後にとどまっており、上位2政党と大きな差が見られた。

ah_web2.jpg 政党別口コミ(ツイート)件数推移

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -