連載
» 2012年12月12日 07時02分 UPDATE

これからのことがよく分かるコラム:現在恋人がいない人は7割――20〜30代の恋愛事情に迫る (2/4)

[鈴木直樹,Business Media 誠]

「恋人がいない」が過半数

 リクルート ブライダル総研が20〜30代の独身男女(2000人)に調査を行いました。現在つきあっている恋人がいますか? という質問に対し「現在付き合っている人がいる」と答えた割合は28.8%という結果に。裏を返すと、実に70%の人は「恋人がいない」ということになります。

 また「恋人がいない」と答えた70%の人に、恋人がほしいですか? と聞いたところ「はい」という人は約57%。「どちらとも言えない」を入れると約80%になります。

yd_riku3.jpg 未婚者の現在の恋人の有無(出典:第1回恋愛観調査、リクルートブライダル総研調べ)
yd_riku4.jpg 恋人がいない未婚者のうち恋人が欲しい願望(出典:第1回恋愛観調査、リクルートブライダル総研調べ)

 以上の結果から、独身の多くが「恋人はほしいと思っているものの、実際には恋人がいない」状態であることが分かりました。では「恋人がいる人」「恋人がいない人」を分ける要素は何でしょうか。なぜこのような違いが生まれているのかを確認してみます。

恋人がいない理由は「異性との出会いがない」から

 ブライダル総研が、適齢期の独身男女(2478人)に話を聞きました。日常的に話をするような異性との出会いがありますか? と尋ねたところ「出会いがある」と答えた男性は16.6%、「出会いがない」は55.7%。一方の女性で「出会いがある」と答えたのは19.7%、「出会いがない」が57.6%でした。男女ともに半数以上の人が「異性との出会いがない」と思っているようです。

yd_riku5.jpg 未婚者の異性との出会いの有無(出典:リクルートブライダル総研調査〈2011年〉)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -