ニュース
» 2012年11月19日 07時19分 UPDATE

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:採用担当者を手玉に取る「おねだり就活生」の正体とは!? (1/3)

かつて学生が開くイベントといえば、合コンとかパーティーのようなものが主でしたが、最近はビジネスプランニングコンテスト、略して「ビジコン」が増えています。就活生を意識したビジコンを企画する学生の意図とは……?

[サカタカツミ,Business Media 誠]

連載「就活・転職のフシギ発見!」とは?

 就活や転職、若年層を中心としたキャリアについて、仕事柄仕方なく詳しくなったサカタカツミが、その現場で起きている「当事者たちが気付いていないフシギ」について、誰にでもスルッと理解できるように解説するコラム。

 使えない部下が毎年出現するのはなぜなのか? その理由も、垣間見えるはずです。

著者プロフィール:サカタカツミ

 クリエイティブディレクター。1967年生まれ。長年、就職や転職、キャリアに関するサービスのプロデュースやブレーンを務めている関係で、就活や転職には詳しい。直近でプロデュースしたサイトは「CodeIQ」。著書に『こんなことは誰でも知っている! 会社のオキテ』『就職のオキテ』がある。

 個人的に書いている就活生向けのブログは、なぜか採用担当者たちから「読んでいて心が痛くなります。ホントに辛いです」という評価を受けている。Twitterアカウントは@KatsumiSakata


写真映えするということは、やはり大切なのです

ay_skt01.jpg シズル感とは「食欲や購買意欲を刺激するような食品の活きの良さや瑞々しさと言った「おいしそうな感じ」のこと。」はてなキーワードより(写真は本文と関係ありません)

 「先週のハンバーガーの写真はどこのお店かという話題で、私の周囲はけっこう盛り上がっていましたよ。正解者もたくさんいて、皆さん凄いですよね。あ、そうだ。原稿の内容も面白かったということでした」と、今日もランチを食べながら、編集長の吉岡綾乃さんは先週の記事を振返ってくれました。

 やはりシズル感のある写真が、みんなの注目を集めたとのこと。その流れで、次回の食事会の開催場所の相談になり「連載も好評ですし、経費でリッチなところに行きましょうよー」とよからぬ相談を持ちかけたところ吉岡さんに華麗にスルーされてしまい、そういえば「おねだり」というキーワードが就活界隈で出始めていることを思い出したのです。


学生主体(に見える)イベントが増えている

 かつて学生が主催するイベントと言えば、パーティのようなものであり、チケットを学生の間で買ってもらって、まあ、合コンのようなものやどんちゃん騒ぎをするだけというものが主流でした。が、最近は違います。少し前からブームになっている「ビジコン(=ビジネスプランコンテスト)」と呼ばれる、新規事業や起業家を創出することを目的とした、学生向けのイベントなどが、就活生の間で話題になっています。

 「ビジコン 学生」で検索してみると一目瞭然ですが、学生というよりも就活生を意識したものが多くなっています。中には「ビジコンに参加している学生は就活に強い」なんて記事もあるくらいですから、意外とその影響力は侮れないと思って間違いないでしょう。

ay_skt02.jpg

 同時に、どういう企業や団体が、そのビジコンに関与しているのかを見てみると、就活というプロセスの中で何が起きているのか、そして「ナビサイトに登録して、説明会に参加して、エントリーシートを書いて、面接に行く」という流れが就活だと理解することがいかに「古い認識である」ことであるか、よく分かると思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集