連載
» 2012年11月15日 08時00分 UPDATE

伊吹太歩の世界の歩き方:なぜ権力者は不倫をするのか オンナで破滅したCIA長官 (1/4)

CIA長官デービッド・ペトレアスが不倫を理由に辞任した。「英雄色を好む」ではないが、なぜ権力者たちは不貞行為に走るのか?

[伊吹太歩,Business Media 誠]

著者プロフィール:伊吹太歩

世界のカルチャーから政治、エンタメまで幅広く取材し、夕刊紙を中心に週刊誌や月刊誌などで活躍するライター。


 また大物が女性問題で輝かしいキャリアを台無しにした。

 2012年11月9日、米中央情報局(CIA)のデービッド・ペトレアス長官が辞任を発表した。CIAの職員に宛てた9日付声明で、ペトレアスは辞任の理由をこう説明した。

昨日の午後、私はホワイトハウスに行き、個人的な理由によって、D/CIA(CIA長官)の地位を辞任したいと大統領にお願いした

 声明は続く。「37年以上の結婚生活で、婚外の性的関係をもってしまうという誤った判断をしてしまった。こうした行為は、夫としても、私たちのような組織の長としても、許されない。今日の午後、大統領は私の辞任を潔く受け入れた」

 不倫相手の女性は、ペトレアスの伝記を執筆したジャーナリストの1人、ポーラ・ブロードウェル。40歳の彼女は、米陸軍士官学校出身の既婚者で、5歳と7歳の息子の母でもある。2人はペトレアスがまだ中将だった2006年に夕食会で出会い、関係をもつようになったとみられる(ちなみにペトレアスは60歳だ)。ブロードウェルは伝記の販促でテレビに出演し、ペトレアスは「エネルギーに満ちあふれた」人で、一緒にマラソンをする仲になったと話している。さらに、彼には「都合の悪い秘密はない」とも語っている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ