コラム
» 2012年11月02日 08時01分 UPDATE

杉山淳一の時事日想:JR東日本の復旧工事がなかなか進まない……なぜ? (1/4)

東京駅丸の内駅舎の復原工事費用は約500億円。一方、大震災で不通となっている山田線の復旧費用は約200億円。それぞれは別の枠組みだと承知しているが、JR東日本にとって「復原」と「復興」のバランスはどうなっているか。

[杉山淳一,Business Media 誠]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。2008年より工学院大学情報学部情報デザイン学科非常勤講師。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP、誠Styleで「杉山淳一の +R Style」を連載している。


 10月14日は鉄道の日。東京ではこれを記念して、10月6日と7日に明治公園で毎年恒例の鉄道フェスティバルが開催され、テレビでは復原工事が終わった東京駅丸の内駅舎の賑やかさが紹介されていた。一方、鉄道ではないが、この日は三重県鈴鹿市でF1グランプリが開催された。私のTwitterの画面も、それぞれの話題が入り乱れて賑やかだった。

 そんななか、知人のツイートが目に止まった。

 「東北は復興していない。ただ瓦礫(がれき)が片付いただけ」――。

 その知人は、東京で開催されていた「特定非営利活動法人 絆プロジェクト三陸」に参加し、講演会場から言葉をひろってツイートしていた。それを見て、あらためて、今の日本列島には大きな温度差があると思った。南北問題、いや東西問題か、といっては大げさだが、被災地はまだ困窮しているのだと身が引き締まった。

yd_sugiyama2.jpg 現在の被災不通区間状況(2012年10月30日現在)。東日本大震災以外の被災路線も含む。各社のプレスリリースおよび報道記事をもとに筆者作成
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ