調査リポート
» 2012年10月31日 17時02分 UPDATE

好きな古典の女性トップは「源氏物語」、男性は?

好きな古典を聞くと、トップは「源氏物語」。しかし、男女で傾向は異なっていた。NHK出版調べ。

[Business Media 誠]

 中高生の時に学んだ古典。当時は何となく好きにはなれなくても、大人になってからその魅力にひかれて改めて読んだという人も少なくないだろう。

 NHK出版の調査によると、「好きな古典」を尋ねたところ、トップは「源氏物語」で23.7%だった。NHK出版では「平安中期に書かれた世界最古の長編小説で、その後の日本文学の流れを決定づけた大作として不動の地位を誇っている」とコメントしている。

 2位以下は兼好法師の随筆「徒然草」が17.2%、松尾芭蕉による紀行文集「奥の細道」が8.4%、日本最古の歴史書「古事記」が7.9%、鴨長明の随筆「方丈記」とかぐや姫を描いた「竹取物語」がそれぞれ5.6%で続いた。

 男女別に見ると、女性のトップは全体と同じく「源氏物語」だったが、男性のトップは「徒然草」と傾向が異なっていた。

ah_koten1.jpg 好きな古典(出典:NHK出版)

読みたい古典でも「源氏物語」がトップ

 「読みたい古典」を聞くと、トップはこちらも「源氏物語」で16.3%と断トツ。以下、歴史書の「日本書紀」が7.9%、「徒然草」が7.4%、「奥の細道」が6.5%、江戸時代の小説「雨月物語」と説話集「今昔物語」がそれぞれ5.6%で続いた。

 インターネットによる調査で、対象は20〜60代の男女215人(男性108人、女性107人)。調査期間は10月24日と25日。

ah_koten2.jpg 読みたい古典(出典:NHK出版)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集