調査リポート
» 2012年10月30日 12時41分 UPDATE

スマホユーザーの3人に2人が買い物に活用、口コミや最低価格をチェック

インターネットへのアクセスがしやすいスマートフォン。店頭で「ソーシャルメディア上の口コミを見る」「ソーシャルメディア以外のサイトでのユーザー評価を見る」といったことをしているスマホユーザーも多いようだ。博報堂DYホールディングス調べ。

[Business Media 誠]

 インターネットへのアクセスがしやすいスマートフォン。買い物をする際にも、手軽にメーカーサイトや比較サイトなどを参考にできる。

 博報堂DYホールディングスの調査によると、スマートフォンユーザーに「外出先で店頭の商品・サービスについて、スマートフォンを利用して調べることがありますか?」と尋ねたところ、「日常的にする」は15.4%、「ときどきする」は51.7%で、合わせて67.1%の人が買い物で活用していることが分かった。

 店舗別にスマートフォンを活用する割合を調べると、最も高かったのは「家電量販店」で38.0%。以下、「スーパーマーケット」が25.0%、「コンビニエンスストア」が23.9%、「デパート・百貨店」が23.2%、「ディスカウントストア」が21.5%、「PCショップ」が20.4%で続いた。比較的高価な品物が並ぶ「家電量販店」がトップだったが、同様に高価な買い物をする「自動車ディーラー」は7.2%にとどまった。

ah_sumaho1.jpg あなたは外出先で、商品・サービスの購入を検討する際に、以下のお店でスマートフォンを利用して調べることがありますか?(出典:博報堂DYホールディングス)

スマートフォンの活用方法は

 店頭でスマートフォンをどのように利用しているか聞くと、トップは「ソーシャルメディア上の口コミを見る」で56.6%。以下、「ソーシャルメディア以外のサイトでのユーザー評価を見る」が49.7%、「最低価格を調べる」が44.0%、「クーポンを探す」が39.3%、「企業のホームページで詳細情報を調べる」が37.6%で続いた。

 商品カテゴリ別に見ると、特に「家電・AV」「PC・周辺機器」などを購入する際に、スマートフォンを活用している人が多く、「化粧品・美容グッズ」を購入する際には「クーポンを探す」と回答した割合が高くなっていた。

 インターネットによる調査で、対象は高校生〜69歳の男女スマートフォンユーザー1000人。調査期間は8月24日から26日。

ah_sumaho2.jpg (出典:博報堂DYホールディングス)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -