ニュース
» 2012年10月15日 16時15分 UPDATE

リクルート、オンライン予備校「受験サプリ」をスタート――無料の講義も

リクルートマーケティングパートナーズが、オンラインの予備校「受験サプリ」を開始した。塾や予備校より手軽な価格で受講できるほか、センター試験対策など一部無料の講座もあり、近所に塾や予備校がなくても学習できる。

[Business Media 誠]

 リクルートマーケティングパートナーズは10月15日、大学受験生用のWebサービス「受験サプリ」を開始した。

 インターネットに接続できる環境であれば、PCやスマートフォンで24時間勉強できる。塾・予備校に通うと1講座あたり月2万円ほどかかるが、オンライン予備校のセンター試験対策講座は無料。国立・私立8大学の入試対策講座は1講座5000円で提供している(1講座60分×10講義の動画とテキストが含まれている)。このほか過去の入試問題やWebで受験してすぐに結果が分かる「センター模試」などが無料となっている。

yd_riku1.jpg リクルートマーケティングパートナーズが運営するオンライン予備校「Webサプリ」

所得格差・地域格差のない受験環境を

 同社が行った調査によると、塾・予備校へ通うことができている受験生は約3人に1人(35%)。通うことができない人に、その理由を聞いたところ「家庭の経済事情が厳しい・高いから」(49%)、「近くにいい塾・予備校がないから」(18%)という声があがっている。文部科学省の調査では、塾・予備校にかかる費用は年間30万円。一般的な世帯所得が約400万円台(厚労省調べ)という時代からすれば、保護者の負担は大きい。

 「学びたい気持ち、目指したい進学先がありながら、思う存分受験に挑戦できない現状が、今の日本にはあると思う。所得格差・地域格差のない、誰もが思う存分、自由に受験勉強できる環境をつくりたい――そんな思いからこのサービスを開発した」(リクルートマーケティングパートナーズ)としている。

banner

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集