コラム
» 2012年10月05日 08時01分 UPDATE

杉山淳一の時事日想:「東京駅復原」で浮き上がる、貧困な景観デザイン (1/3)

東京駅丸の内駅舎の復原工事が終わり、ついに赤レンガ駅舎が姿を現した。しかし全幅300メートル以上の駅舎は、正面から視野に収められない。皮肉なことに、美しい丸の内駅舎は日本の景観デザインの貧困さを浮かび上がらせてしまった。

[杉山淳一,Business Media 誠]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。2008年より工学院大学情報学部情報デザイン学科非常勤講師。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP、誠Styleで「杉山淳一の +R Style」を連載している。


 東京駅丸の内駅舎の復原工事が完成し、10月1日に館内施設が開業した。駅舎というと鉄道関連の事務所という印象だが、実は、この建物のほとんどが「東京駅ステーションホテル」の客室である。JR東日本にとって、東京駅丸の内駅舎は同社のシンボルだ。しかし、単なるイメージアップというだけではなく、同社のホテル事業の集大成であり、実利を伴った事業でもある。

懐かしいというより新しい丸の内駅舎

 日本銀行など、近代日本の代表的な建物を手がけた建築家、辰野金吾(関連記事)。彼が設計し、1914年に落成した東京駅舎は、日本の国威を示す建築だった。しかし東京大空襲で被災し、3階建てから2階建てになってしまった。ところが、いまやほとんどの日本人は戦後生まれで、東京駅といえば旧駅舎を懐かしむのではないか。復原といっても、新しい駅舎に懐かしさはない。むしろ、歴史を感じさせる新しいデザインになったといえる。

 丸の内界隈に用がある人以外は、東京駅を利用したとしても乗り換えるだけだ。改札口を出て駅舎を見る機会はほとんどなかっただろう。だから、正直なところ「復原」すると発表されても、私にはピンとこなかった。戦後の補修工事だけでは耐久性に問題があって、そろそろ補修が必要だ。ついでに昔の姿に戻しちゃえ、ということだろうと思っていた。

 しかし、工事が完成してみると、この駅舎はほんとうに美しい。立派で、日本の中央駅にふさわしい姿になった。日本は国際列車もないし、鉄道で国威を示す時代は過ぎてしまったかもしれないが、この駅舎は世界各国の中央駅に引けをとらない姿だ。これから旅に出るときは、いったん東京駅で降りて、この駅舎にあいさつしていこうか、いや、やはり一度はステーションホテルに泊まってみたいと思う。

 この復原駅舎が、開業当時はどんな姿だったか。現在、東京駅構内京葉線連絡通路「京葉ストリート」や、改札外の地下連絡通路「丸の内アートロード」で写真やイラストが展示されている。そしていま、どんな姿になったかを自分の目で確かめられる。その全容を視界に入れるため、丸の内口を出て、行幸通りを皇居へ向かってしばらく歩き、振り返ってみた。

 ……がっかりした。

 東京駅丸の内駅舎は、開業当時のように荘厳な全容を見せてはくれないのだ。

yd_sugiyama1.jpg 行幸通りから東京駅を見る。赤レンガ駅舎の全容は見えない。
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news023.jpg
新連載・加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
news017.jpg
任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
news012.jpg
水曜インタビュー劇場(空港のクルマ公演):
Loading

注目のテーマ