ニュース
» 2012年09月28日 13時37分 UPDATE

黒い、黒すぎる! バーガーキング「黒バーガー」を食べてみた (2/2)

[吉岡綾乃,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

黒い、黒すぎる

 「黒っ!」

 包み紙を開けた瞬間、思わず小さく声が出てしまった。黒い。想像以上に黒いぞ。上部のバンズはつやつやと丸く黒光りし、その下に重ねられたレタスやマヨネーズの白さがまぶしいほどだ。輪切りのスライスが2枚入っているトマトの赤さが妙に際立っている。ちなみに、バンズの黒さは竹炭によるものだそう。

ay_bk04.jpg 黒い、黒すぎる……

 バンズが黒いのは想定内だったが、ちょっと驚いたのがソース。名古屋の味噌カツかイカスミパスタかという深い黒のソースだ。指ですくってソースをちょっと舐めてみると、味はケチャップ+αという感じ。トロンと粘度が高く、謎の旨みとピリッとした刺激がある。粘度と旨みは、おそらくイカスミが入っているせいだと思うけれど、後は何の味だろうこれ?

 バンズからちょっとはみ出したパティは、「ワッパー」と同じく直火焼。黒バーガーを手で持ちあげると、バンズ+野菜の上半分はひんやり柔らかく、下半分はパティの熱で温かい。

見かけと味とで印象が違う

 見回すと、周りのお客さんはほとんど全員普通のハンバーガー(ワッパーやワッパーJr.)を食べている。周囲の視線をちょっと感じつつ黒バーガーをかじってみると……あ、ちゃんと美味しい。

 一見固そうに見える竹炭バンズはややもっちりとして柔らかく、大きめにカットされた野菜はシャキシャキと歯ごたえがあり、たっぷり入ったマヨネーズとよい相性。黒々としたソースのぴりっとした味もパティとよく合っている。

ay_bk05.jpg バンズをずらすとトマトの赤さがまぶしい

 もっととんでもない味かと思ったら、意外とおいしかった黒バーガー。バーガーキングといえば、食べ応え充分な「ワッパー」が代表的な商品だが、黒バーガーはワッパーよりもバンズのサイズが一回り小さく、パティのサイズは同じなので、女性にもちょうどいい満足のいくサイズだと思う。10月26日までの期間限定商品なので、話のタネに食べてみるのもよさそうだ。

 なお、記者は注文したあとに気付いたのだが、現在バーガーキングでは「コカコーラZERO」のリフィルフリーキャンペーンも実施中。黒バーガー+コカコーラZEROなら、黒ずくめの食事も楽しめそうである。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -