コラム
» 2012年08月27日 08時00分 UPDATE

ちきりんの“社会派”で行こう!:「ちょこっと稼ぐ」から始めよう (1/2)

現代では、ブログやTwitter、YouTubeやpixivなどの登場で、個人でも一定の才能や熱意さえあれば広く発信できるようになりました。アフィリエイトで「ちょこっと稼ぐ」ことも可能になっているので、雇われない生き方も増えていくのではないでしょうか。

[ちきりん,Chikirinの日記]

「ちきりんの“社会派”で行こう!」とは?

はてなダイアリーの片隅でさまざまな話題をちょっと違った視点から扱う匿名ブロガー“ちきりん”さん。政治や経済から、社会、芸能まで鋭い分析眼で読み解く“ちきりんワールド”をご堪能ください。


 2009年8月14日にスタートしてから約3年、「ちきりんの社会派で行こう!」をご愛読いただき、ありがとうございました。この連載は今回を持っていったん休止となります。

 2005年3月から書き始めた個人ブログ「Chikirinの日記」をご覧になった編集者の方からご連絡をいただいた2009年春、ブログのアクセス数は月間30万ページビュー未満と、現在の6分の1以下でした。

ah_tiki1.jpg

 Business Media 誠での「ちきりんの社会派で行こう!」や、そこから配信された他サイトでの記事をご覧いただき、それをきっかけとして「Chikirinの日記」やTwitter(@InsideCHIKIRIN)を知ってくださった方も多いと思います。当時、なんら実績も肩書きもなかった匿名ブロガーに記事を書く機会を与えていただき、心から感謝しています。

 私がブログを書き始めた2005年は日本における最初のブログブームの時期で、私もそのブームに乗って「Chikirinの日記」を書き始めたのですが、当時と今とでは「ネット上で個人が発信できるプラットフォーム」の選択肢が大きく拡がりました。

 音声放送のポッドキャストに加え、音楽や映像であればYouTubeやUstream、ニコニコ動画、イラストや漫画、写真などを発信できるpixivやPinterest、テキストに関しても、長文が不得意な人はブログではなくTwitterで発信すればいいし、発信範囲を細かく設定したい人にはmixiに加え、Facebookなど複数のSNSが登場しています。

 どの世界も同じで「誰でも成功できる」わけではないですが、一定の才能と熱意があるコンテンツクリエーターにとっては、直接に市場(顧客、コンテンツの消費者)と向き合えるすばらしい時代になってきたと思います。また、簡単にアフィリエイトシステムが使えるようになったことで、個人の名前を外に出さなくてもニュースサイトなどを運営し、最低限の生活費を稼ぐことができるようになった人もいるはずです。ネット上の活動だけで高額所得者になるのは難しいかもしれませんが、「ちょこっと稼ぐ」という程度なら、やる気のある人、誰にでもチャンスが与えられていると思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ