トップ10
» 2012年08月17日 11時50分 UPDATE

誠 Weekly Access Top10(2012年8月4日〜8月10日):ゴルフよりドラクエで接待をするべき

社会人でもゲームで遊ぶことが普通になっている時代。オンラインゲームを通じて、取引先を接待することもアリなのではないだろうか。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 先週最も読まれた記事は「1年間に休めるのは平均124日――最も多い職種は?」。2位は「アップルが秘密主義を徹底させている理由」、3位は「なぜアメリカは『原爆投下は正しい』と言い張るのか」だった。

ゴルフよりドラクエで接待をするべき

 お盆まっさかりということで、社会人でも今週いっぱいは夏休みという人が多いのではないだろうか。TwitterやFacebookなどでも、旅行の写真が目立つようになっている。

 旅行などに加えて、最近聞くようになっているのが8月2日に発売されたばかりのゲーム『ドラゴンクエスト10』をプレイしているという話。毎日新聞によると、初週販売本数は42万本と前作『ドラゴンクエスト9』の約234万本より大きく減らしているとのことだが、オンラインゲームではかなり売れている部類に入る。プラットフォームのWiiの販売にも好影響を与えているようで、秋葉原のソフマップに大量にあった中古が、『ドラゴンクエスト10』発売後に一気になくなったのが筆者には印象的だった。

ah_top10.jpg 筆者はやる気満々でWii2台でプレイしているのだが(同じことをしている人は結構いる)、仕事用PCなどと合わせてモニタが5台同時稼働というよく分からない状況になっている

 筆者がプレイしていて思うのは、社会人が結構多いのではないかということ。筆者はモノを生産して、市場で売るという遊び方が中心なのだが、市場の出品数の推移を見ると、夜の21時くらいから大きく増える傾向にあるのだ。どんなゲームでも最近は社会人が中心となりつつあるのだが、特にその傾向が強いように感じるので、昼と夜のアクティブ人口比率を知りたいところである。

 現実世界でも8月末に退職する人から「これからドラクエやり放題ですよ!」というあいさつがあったり、ある東証一部企業がFacebookに社内のドラクエプレイヤー用ページを作っていたりするのを見ると、時代も変わったなあと痛感する。

 ドラゴンクエスト第1作が発売された1986年に中高生だった人は今、40歳前後。企業の要職に就き、中にはトップになっている人もいる年代である。決裁権を持つ社会人プレイヤーがいるわけなので、ドラクエが接待で使えるのではないかと思ったりもする。「週末、ゴルフのコースを回りませんか?」と同じノリで、「週末、転職クエでゴーレムを倒しに行きませんか?」という誘いが成立すると思うのだ。コースを回った後のランチで商談をするのと同様、一通り冒険を終えてくつろいでいる時にチャットで商談することだってできる。

 また、『ドラゴンクエスト10』はオンラインゲームとしてはかなりレベルが上がりやすい方なのだが、それでもそれなりに時間がかかる。そこで、「一緒のパーティに入って、『ついていく』コマンドを押して、後は放置してください。私がモンスターを倒して経験値を稼いでおくので!」と接待先に提案してはどうか。偉い人だとレベル上げをする時間がないので、喜ばれるはず(完全に放置するとネット接続が切られるので注意が必要だ)。「特技はイオナズンです」という新人が、接待要員として総務部に配属される日も近いだろう。

 さらにエスカレートすると、「はやぶさの剣+2を譲るので、あの件、お願いしますよー。え、ダメっすか、じゃあはやぶさの剣+3でどうですかね。かいしん率+4.2%ですよ!」ということにもなるのだが、それが贈収賄になるかどうか知りたいところでもある。贈り物の金額などに制限を設けている企業や官公庁も多いが、あくまでゲーム内のみのデジタルデータなのでそれをくぐりぬけてしまう気がしないでもない。

第1回 誠 ビジネスショートショート大賞

 Business Media 誠では、ビジネスについての短編小説を募集しています。大賞受賞作品は、誠のトップページに長期間掲載されるほか、電子書籍としても出版されます。文字数3000字程度が目安ですが、それより長くても短くても構いません。詳しくは↓の応募要項をご覧ください。

 お知らせ:「第1回 誠 ビジネスショートショート大賞」募集開始


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -