連載
» 2012年08月08日 08時08分 UPDATE

ローソンの海外物語(中国編):上海のコンビニに「ウルトラマン」が登場――どんなお店なの? (4/4)

[ローソン海外事業研究部,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

 遊具スペースは、100元以上(1230円)の買い物をしたお客さまが、30分無料で利用することができます。お弁当が約10元前後(123円)のコンビニで100元のお買い物というとハードルが高い気もしますが、このような「遊べる空間」は中国では珍しいことから、多くの家族連れで連日賑わっています。

 このような、日本のキャラクターをテーマにしたコンビニは中国では初めて。当初ターゲットとしていた地元の家族連れのお客さまはもちろん、中国で生活している日本人家族の方にも多く来店いただいています。日本のキャラクター人気は高まりつつあるので、今後も新たなコラボ店舗ができるかもしれませんね。


 中国に店舗を構えてから、15年以上が経ちました。この連載では「おでん」や「中国のランチ事情」などをご紹介してきましたが、現場では「日本の文化を知ってもらいたい」という想いでやってきました。

 「中国のお客さまに喜んでもらえる商品って何だろう?」「どんなサービスを提供すればいいんだろう?」――。こうしたことを常に考えながら、進めてきました。そして、いつの日か。上海のお客さまに「ローソンはコンビニで一番だね」と言っていただければ、うれしいですね。今後も、上海ローソンにご期待ください。(終わり)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集