連載
» 2012年08月08日 08時08分 UPDATE

ローソンの海外物語(中国編):上海のコンビニに「ウルトラマン」が登場――どんなお店なの? (2/4)

[ローソン海外事業研究部,Business Media 誠]

 上海で人気のキャラクターをご存じでしょうか? それは、世代を超えて愛されているヒーロー「ウルトラマン」なのです。

 「上海とウルトラマン!?」と思う方もいらっしゃるでしょう。中国では、日本のアニメキャラクターは人気があるのですが、ローソンは、その中でも人気のあるウルトラマンに目をつけました。

 そもそもウルトラマンが中国に進出したのは、1990年代。日本での放送が始まってから約30年後です。その後、さまざまなウルトラマンシリーズが放送され、人気は不動のものになりました。

 ウルトラマン店舗の構想から約10カ月、ウルトラマンの世界観を実現するため、内装など細部までこだわり抜き、かなりの時間を要しました。

 ついに、今年6月にウルトラマンとのコラボ店舗が誕生しました。その名も「ローソン ウルトラヒーロー店」(中国語表記:「奥特英雄店」)。なんだか強そうなネーミングですよね。

yd_low3.jpg ウルトラマンヒーロー店の外観

 中国初のキャラクターとのコラボ店舗ということで、多くのマスコミにとりあげられました。中には、店内の動画を撮影しネットに投稿している方もいるほど。いかにウルトラマン人気があるかがうかがえますね。

 それでは、どんなお店に仕上がったのでしょうか。ご紹介しましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集