調査リポート
» 2012年07月30日 15時44分 UPDATE

ロンドン五輪、この1カ月で最も注目度が上がったのは体操・内村航平選手

7月27日に開幕したロンドンオリンピック。テレビなどでの露出増にともなって、体操・内村航平選手の注目度が大きく上がっているようだ。ビデオリサーチ調べ。

[Business Media 誠]

 7月27日に開幕したロンドンオリンピック。それほど盛り上がっていないという声もあったが、始まってみるとサッカー日本代表の活躍などでテレビの視聴率も好調であるようだ。

 オリンピック開幕直前に行ったビデオリサーチの調査によると、ロンドンオリンピックについて「楽しみにしている(とても楽しみにしている+まあ楽しみにしている)」割合は66.2%。1カ月前に調査した時の割合(65.8%)とほとんど変わらないが、年代別に見ると40代(1カ月前67.2%→64.9%)や50代(同77.5%→73.9%)ではやや減少していたが、30代では1カ月前の55.4%から62.9%へと7.5ポイントも上昇していた。

ah_orin1.jpg ロンドンオリンピックを楽しみにしていますか? (出典:ビデオリサーチ)

体操・内村航平選手の注目度が急上昇

 「注目している競技」では、「競泳 男子平泳ぎ(北島康介選手)」が67.8%でトップ。以下、「女子サッカー(なでしこジャパン)」が61.0%、「体操 男子個人総合(内村航平選手)」が57.8%で続いた。

 この1カ月で注目度が大きく増した競技(選手)を見ると、「体操 男子種目別(内村航平選手)」が1カ月前の37.9%から49.8%へと11.9ポイント増でトップ。以下、「体操 男子個人総合(内村航平選手)」が11.5ポイント増(46.3%→57.8%)、「体操 男子団体」が9.4ポイント増(34.9%→44.3%)、「女子ウエイトリフティング(三宅宏実選手、八木かなえ選手)」が6.9ポイント増(4.1%→11.0%)で続いた。

 ビデオリサーチでは「内村選手に関するテレビの露出量が、アンケート直前の1週間で大きく増えており、その接触が要因になっていると考えられる※」とコメントしている。

※1カ月前調査の事前1カ月間(5月22日〜6月21日)では1993秒だったのに対して、直前調査事前1週間(7月16日〜7月22日)では1万2676秒。

 インターネットによる調査で、対象は15〜69歳の男女1114人(1か月前調査は1095人)。調査期間は6月22〜24日と7月23〜24日。

ah_orin2.jpg この1カ月で注目度が大きく増した競技(選手)(出典:ビデオリサーチ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集