調査リポート
» 2012年07月26日 13時20分 UPDATE

一番人気はサッカー、インドではクリケットも――アジア各都市で人気のあるスポーツ

アジアの主要14都市に住む人に「好きなスポーツ」を尋ねると、多くは「サッカー」がトップだったが、デリーやムンバイでは「クリケット」、台湾では「野球」と傾向が異なった。博報堂調べ。

[Business Media 誠]

 開会式を前に女子サッカーが始まるなど、盛り上がってきたロンドンオリンピック。日本以外のアジアの国では、どんな競技の人気が高いのだろうか。

 博報堂の調査によると、アジアの主要14都市に住む人に「好きなスポーツ」を尋ねたところ、北京(中国)やソウル(韓国)、ジャカルタ(インドネシア)など10都市で「サッカー」がトップ。一方、デリー(インド)やムンバイ(インド)では「クリケット」、台北(台湾)では「野球」、メトロマニラ(フィリピン)では「バスケットボール」がトップだった。

 また、「水泳」「バドミントン」も、トップに入った都市はないが、10都市でベスト5に入っている。日本では「野球」の人気が高いようだが(参照記事)※、14都市のうちトップ5に入っていたのはソウル(2位)と台北(1位)のみだった。

※東京は1位「サッカー」、2位「野球」、3位「フィギュアスケート」、4位「テニス」、5位「バレーボール」。
ah_asia1.jpg 好きなスポーツ(クリックで拡大、出典:博報堂)

実際にプレイしているのは、手軽にできるスポーツ

 では、実際にプレイしているスポーツは何なのだろうか。「普段やっているスポーツ」を聞くと、「ウオーキング/散歩」が北京、ジャカルタ、デリーなどでトップ、「登山/ハイキング」が台北とソウルでトップだった。

 トップ5に入ったスポーツでは「ウオーキング/散歩」「ジョギング」が12都市で最も多く、「バドミントン」が11都市、「サイクリング」が9都市、「水泳」が8都市で続いた。バンコク(タイ)でトップのサッカーや、デリーやムンバイで上位に入ったクリケットは好きなスポーツとも重なっていたが、基本的には手軽にできるスポーツが上位に入る傾向にあるようだ。

※東京は1位「ウオーキング」、2位「水泳」、3位「ボウリング」、4位「ジョギング」、5位「サイクリング」。

 面接による調査で、対象は15〜59歳男女13951人(各都市540〜900人)。調査期間は2011年5月下旬から8月上旬。

ah_asia2.jpg 普段やっているスポーツ(クリックで拡大、出典:博報堂)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ