トップ10
» 2012年07月18日 12時48分 UPDATE

誠 Weekly Access Top10(2012年7月7日〜7月13日):投資で10億円失った常敗将軍さんにインタビューしたい

10億円もの資産があれば、普通の人なら守りの人生に入るもの。しかし、アグレッシブな投資を行い、大きな損失を出しても、なお投資を続ける人がいる。彼はどんな人なのだろうか。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 先週最も読まれた記事は「未来に追いついた? 映画や漫画に出てきそうなカーナビ」。2位は「どの商品が一番おいしい? ビールテイスト飲料飲み比べ」、3位は「クロレッツがシェアを伸ばしているワケ」だった。

10億円あっても投資をしますか?

 8位の「今、共働きで500万円ならどうなる? これが10年後の可処分所得だ」で示されているように、現代日本で働くサラリーマンにとって未来は決してバラ色ではない。増えない給料明細を見て、副収入を得ようと株式投資などを行っている人も少なくないだろう。

 だが、投資にはリスクが付きもの。「これが次の有望株!」などとあおる夕刊紙や雑誌があるものの、それは決して確実なものではない。また、ブログで「勝ちました!」という報告をしている人がいても、本当のことかは分からない。実際に投資で儲けている人はどのくらいいるのだろうか。

 そんなことが気になる人に見てほしいのが、GMOクリック証券が行っている「トレードアイランド」。同証券での投資成績をもとに、投資家間で競い合うという仕組みだ。ブログなどとは違い、画面に表示される資産は同証券の口座と連動しているので、「ああ、本当に勝っている人もいるんだなあ」ということが分かる。

ah_top1.jpg オプション取引などで資産を数倍にしている人も存在してはいるようだ(出典:トレードアイランド)

 勝っている人がいる一方、その逆にとても負けていることで話題になっている人がトレードアイランドにはいる。それはハンドルネーム「常敗将軍」という投資家で、名前からして結構負けてそうなのだが、その資産推移を見るとすさまじい。

 2008年11月に参加して以来、毎月コンスタントに数千万円のマイナスを記録し、現在、トータルの損失額は11億8561万4221円となっている。トレードの頻度もものすごくて、株式の総約定回数は約1万回、先物オプションの総約定回数も約2万7000回となっている。

ah_top2.jpg 常敗将軍さんの成績(出典:トレードアイランド)

 (本当かどうかは分からないが)プロフィールを見ると、千葉県に住む60代男性とある。10億円も負けられるくらいの資産があったら、人生守りに入るべきというのが、普通の人の感覚ではないだろうか(もっと資産はあるのかもしれないが)。

 何が常敗将軍さんを投資に誘うのか? 10億円負けた投資法とはどういうものなのか? ある意味、個人投資家にとって、非常に参考になる話を聞けるかと思い、GMOクリック証券を通じてインタビューをお願いしようとすると、「個人情報保護のためお客さんの情報をお渡しすることはできません」とのこと。それは当たり前なのだが、「取材依頼のメールを転送していただけませんか?」ということもNGということで、アプローチする手段が失われてしまった。

 ぜひお話をうかがいたいので、もしこの記事をご覧になっていたら、こちらのフォームからご連絡いただければありがたいです!

編集部からのお知らせ

 Business Media 誠編集部では今日(7月18日)21時から生放送番組「ビジネステレビ誠」をお送りします。「節電で暑いオフィスで涼まろう! 最強のUSB扇風機を探してみた」「有給休暇のとり方に、会社はどこまで口をはさめる?」「楽しさ倍増! ネットを使ってロンドン五輪を観戦しよう」 などの話題をお届けします。番組は下のリンクからご覧になれます!

 →「楽しさ倍増! ネットを使ってロンドン五輪を観戦しよう――第10回ビジネステレビ誠


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ