調査リポート
» 2012年07月12日 14時30分 UPDATE

安近楽志向が後押し? プチバン人気の背景は

6月の軽自動車販売ランキング1位になったホンダのN BOXのように、ミニバンの要素を持つコンパクトカー“プチバン”が人気を集めている。プチバンを好む人たちにはどのような特徴があるのだろうか。イード調べ。

[Business Media 誠]

 ミニバンの要素を持つコンパクトカー“プチバン”が人気を集めている。6月の軽自動車販売ランキングを見ると、1位のホンダ「N BOX」や、ダイハツ「タント」などのプチバンが上位に並ぶ。プチバンを好む人たちにはどのような特徴があるのだろうか。

 イードの調査によると、プチバンが欲しいという消費者に「クルマを購入する際、レジャーで使うクルマと普段使うクルマのどちらの使い方を重視しますか?」と尋ねたところ、「普段使い(やや普段使い含む)」が61.2%と「レジャー使い(ややレジャー使い)」の11.9%を大きく上回った。

ah_kuruma1.jpg クルマを購入する際、レジャーで使うクルマと普段使うクルマのどちらの使い方を重視しますか?(出典:イード)

 レジャーを意識している人は少数派のようだが、「この夏休みの遊びに行く予定」を聞くと、「国内旅行:クルマで行く」が39.7%でトップ。以下、「近場に遊びに行く」が26.6%、「特に遊びに行く予定はない」が20.6%で続いた。

 ここ2〜3年の連続休暇の過ごし方の変化についても聞くと、「海外旅行」「電車で行く国内旅行」は減ったという人が多かったが、「クルマで国内旅行」「近場に遊びに行く」が増えたと答えた人は、特に子どもがいる家庭に多かった。“安近楽”の志向が強くなっている人たちと言えそうだ。

ah_kuruma2.jpg この夏休みの遊びに行く予定(出典:イード)

 「この夏欲しいプチバン」を尋ねると、トップはホンダ「N BOX」。以下、ダイハツ「タント」、スズキ「パレット」、ホンダ「フリードスパイク」が続いた。

 マーケティングライターで世代・トレンド評論家の牛窪恵氏は、「今、若い世代や家族を中心に、ハレとケのメリハリ消費やコストパフォーマンスに注目する男女が増えている。プチバンはミニバンと同じような広い室内で快適性も高いため、レジャーにも使用できる一方、車体がコンパクトで運転しやすい上に、燃費も良いので買い物などの普段の生活の中でも使いやすく、ハレとケの双方の欲求を満たせるクルマとして、人気が高まってきているのではないでしょうか」とコメントしている。

 インターネットによる調査で、対象は「この夏欲しいクルマ/気になるクルマ」にプチバンを選んだ20〜60代の男女1000人。調査期間は7月2日から7日。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集