調査リポート
» 2012年06月18日 13時17分 UPDATE

公式ページ制作が一段落、ソーシャルメディアマーケティング支援市場は成長鈍化

矢野経済研究所は「ソーシャルメディアマーケティング支援市場に関する調査結果」を発表、2011年度の市場規模を前年度比27.5%増の58億9000万円と推計した。企業がソーシャルメディア上に公式ページを構築するフェーズが一段落していることから、伸び率は鈍化しているようだ。

[Business Media 誠]

 矢野経済研究所は6月13日、「ソーシャルメディアマーケティング支援市場に関する調査結果」を発表、2011年度の市場規模を前年度比27.5%増の58億9000万円と推計した。

 ソーシャルメディアマーケティング支援とは、ソーシャルメディアにおける分析ツールの提供、ポリシー策定や効果測定・分析、戦略立案などのコンサルティング、専用ページや専用アプリの構築支援・運営代行などのサービスのこと。

 前年度より大幅に増加しているが、「企業がソーシャルメディア上に公式ページを構築するフェーズは一段落」(矢野経済研究所)していることから、2010年度の同49.0%増より伸び率は鈍化している。

ah_soc1.jpg ソーシャルメディアマーケティング支援市場推移と予測(出典:矢野経済研究所)

 矢野経済研究所では「今後はクチコミ情報を分析するソーシャルメディアリスニングに留まらず、分析結果に基づき企業と消費者とのリレーションを図るソーシャルメディアコミュニケーションがより求められる。つまり、より具体的なマーケティング施策につながるツールや支援事業が展開されると予測する」と分析。市場規模を2012年度は前年度比17.5%増の69億2000万円、2013年度は同10.5%増の76億5000万円、2014年度は同7.2%増の82億円と予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集