連載
» 2012年06月13日 08時01分 UPDATE

新連載・ローソンの海外物語(中国編):中国のコンビニで「おでん」が売れた理由 (4/4)

[ローソン海外事業研究部,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

「熬点」は有名な単語

 中国文字(漢字)で「おでん」って、どのように書くのかご存じでしょうか。正解は「熬点」。“点心を煮る”という意味で、読み方は「Ao dian(アオ ディエン)」。これは中国人も認める当て字で、ローソンが考案して命名したもの。今では辞書にも載るほど、この「熬点」は有名な単語になりました。

 もし中国に行く機会があれば、現地のローソンに足を運んでいただければ。そして中国風に「串にささったおでんを立ちながら食べる」――こんな楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

取材メモ

 中国で人気がある「おでん」の具材は何だと思いますか? 人気ベスト3は、1位が貢丸(豚肉団子5個)、2位が魚のすり身団子、3位が蘭花豆腐干(厚揚げに似た豆腐製品)。日本では白滝やこんにゃくを好む人が多いのですが、中国ではなかなか売れません。「おでん」ひとつとっても、食文化の違いがうかがえますね。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -