連載
» 2012年06月06日 08時01分 UPDATE

これからのことがよく分かるコラム:増えてきた“スイーツ男子”――その特徴は? (2/5)

[渡邊純子,Business Media 誠]

コンビニで火がついた内食スイーツを、外食へ

 では「男性にスイーツを食べてもらう」外食先として、どんな場所が考えられるでしょうか? 筆者はズバリ、「居酒屋」にこれからの可能性がある、と考えます。飲まない若者が増えてきたと言われますが、昨年の震災以降、「絆」を大事にする社会風潮の中、会社帰りや週末に、会社の同僚やプライベートの友だちとの飲み会需要は堅調に回復しています。また、男女が楽しく一定料金で飲み放題、食べ放題を楽しむ飲み会、「街コン」の開催は市町村、商店街単位で激増中です。

 男性同士でスイーツを食べに行くプライベート傾向がどれくらいあるかを聞いてみたところ、「よく行く」+「たまに食べに行く」人は合わせて約25%、4人に1人でした。さらに彼らが、スイーツを食べる外食場所を聞くと、上位3つは「カフェ」「特定ジャンルレストラン」「ファミレス」と回答。

 ここまでは「まあ、そうでしょうね」。その次が、ファストフードではなく「居酒屋」なのです。その割合は3.8%と少ないですが、前述したように、居酒屋自体に足を運ぶ人は多くいるのです。だからこそ、そこでサービスやメニューに工夫が加わることで、爆発的ヒットを生み出す余地があるのです。

yd_sweet2.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集