ニュース
» 2012年05月31日 12時16分 UPDATE

年収1000万円以上の52%が「リストラに不安を感じている」

年収1000万円以上のビジネスパーソンで、リストラの不安を感じている人はどのくらいいるのだろか。年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」が調査した。

[Business Media 誠]

 年収1000万円以上のビジネスパーソンで、リストラの不安を感じている人はどのくらいいるのだろか。「リストラに対する不安を持ちながら仕事をしている(どちらかといえばを含む)」(52%)人は半数を超えていることが、ビズリーチの調査で分かった。

 この結果について、ビズリーチの南壮一郎社長は「欧州財政危機をきっかけに、転職を希望する高収入の金融スペシャリストが急増している。これは業績悪化に伴い、外資系を中心に金融機関各社が人員削減に踏み切っているため。また日系メーカーも大規模なリストラを発表している。このような中、平均年収1000万円超のビジネスパーソンの5割がリストラの不安を持ちながら仕事をしていることが分かった」としている。

 また会社の業績不振によるリストラについては「仕方がない(どちらかといえばを含む)」(80%)としたのは8割に達した。

yd_money1.jpg 年収1000万円以上のビジネスパーソン、半数がリストラに不安を感じている(出典:ビズリーチ)

終身雇用について

 終身雇用についてどのように考えている人が多いのだろうか。「よいこと(どちかといえばよいこと)」と答えた人は64%。

 日本の終身雇用については一定の理解を示しているものの、グローバル規模で考えるとちょっと違ってくるようだ。終身雇用が市場経済のグローバル化に適していると思いますかと聞いたところ「適している(どちらかといえばを含む)」と答えた人は21%にとどまり、「適していない(どちらかといえばを含む)」は79%だった。

yd_money2.jpg (出典:ビズリーチ)

 インターネットによる調査で、ビジネスパーソン(平均年収1084万円)1995人が回答した。調査期間は5月14日から20日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集