ニュース
» 2012年05月28日 13時37分 UPDATE

最も海水浴をしないのは、日本人?

[Business Media 誠]

 休暇中、ビーチに行く予定にしている人はどのくらいいるのだろうか。世界21カ国の人に聞いたところ「休暇を利用してビーチに行く予定がある」と答えたのは平均で52%だったのに対し、日本人は46%と平均を下回っていることが、エクスペディアの調査で分かった。

 また休暇をビーチで過ごす人の平均日数は1週間ほど。しかし休暇が少ない日本(4.1日)と韓国(2.4日)は、週末の休暇を利用してビーチで過ごす傾向がうかがえた。

yd_umi1.jpg 休暇中、ビーチに行く人(出典:エクスペディア)

 ビーチに行って、海水浴をする人はどのくらいいるのだろうか。「海水浴をする」と答えたのは「ドイツ」が最も多く82%、次いで「メキシコ」(77%)、「カナダ」(68%)、「イラン」(65%)と続いた。世界21カ国中、日本人は28%と圧倒的に少ないことが明らかに。「島国にもかかわらず、日本人は世界で一番“海水浴をしない”国民と言えそうだ」(エクスペディア)

 ビーチで裸になったことがありますかと聞いたところ「ドイツ」(15%)が最も多く、以下「スペイン」「インド」(いずれも8%)、「オランダ」「メキシコ」「デンマーク」「スウェーデン」(いずれも6%)という結果に。ちなみに日本人は1%にとどまった。「ビーチで裸になることは日本人にとって馴染みのない文化。一方、15%もいたドイツ人は“最もビーチで裸になりやすい”と言える」(同)とコメントした。

yd_umi2.jpg ビーチで裸になりやすいドイツ人(出典:エクスペディア)

 インターネットによる調査で、世界21カ国の合計8000人が回答した。調査期間は2月14日から3月21日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -