ニュース
» 2012年05月24日 14時57分 UPDATE

肩こりを感じている人は84.8%――どんな特徴があるの? (1/2)

首都圏のビジネスパーソンで、肩こりを感じている人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代の人に聞いたところ、8割以上の人が「肩こりを感じている」と回答した。ピップエレキバン調べ。

[Business Media 誠]

 「一日中PCの画面に向かっているので、肩こりに悩まされている」といったビジネスパーソンも多いのでは。首都圏で働く男女に聞いたところ、84.8%が「肩こりを感じている(慢性的+たまに)」と回答。「慢性的に肩こりを感じている」のは男性(28.4%)よりも女性(58.7%)のほうが2倍以上多いことが、ピップエレキバンの調査で分かった。

yd_kata1.jpg 肩こりを感じている人は8割を超えている(出典:ピップエレキバン)

 また肩こりを感じている人は、そうでない人よりも「疲れ」を感じやすいことが明らかに。時間帯でみると、夕方から夜にかけて疲労が蓄積し、夜寝てもとれずに“疲れの持ち越し”状態になってしまい、朝にも疲れを感じているようだ。

 この結果について、北里大学の伊藤剛(いとう・ごう)先生は「多くの人の疲れの原因のひとつに、“こり”が考えられる。こりによる身体のだるさが不快感となって脳に蓄積されるため、こりを解消しないと疲労感は蓄積されたままとなってしまい、脳の処理能力が下がってしまう」としている。

yd_kata2.jpg 肩こりを感じている人は「疲れやすい」という結果に(出典:ピップエレキバン)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集