ニュース
» 2012年05月23日 12時26分 UPDATE

隅田川両岸の情景をアニメで表現、東京スカイツリーのデジタルサイネージ

[Business Media 誠]

 シャープは5月22日、東京スカイツリーに納入した122台のデジタルサイネージの運用がスタートしたと発表した。

 東京スカイツリー1階の団体フロアでは、江戸・東京の風景や営みを描いた、全長45メートルの「隅田川デジタル絵巻」を設置。その中央部に60V型液晶ディスプレイ13台を横一列に並べて、隅田川両岸に広がる情景をアニメーションで紹介している。

 シャープでは「ディスプレイに表示したアニメーションと壁画が一体となり、出発ゲートまでの導線上でお客さまに楽しんでいただくための斬新な演出が実現できた」とコメントしている。

ah_sharp1.jpg

 このほかにも、東京スカイツリータウン内のソラマチ商店街や、エレベータホールなどに32〜60V型まで多種類の液晶ディスプレイを設置、来場客への情報提供などに活用される。

ah_sharp2.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集