ニュース
» 2012年05月15日 12時45分 UPDATE

東京オリンピックの開催を望む――49.5%、その理由は? (1/2)

この夏、ロンドンで行われるオリンピックを楽しみにしている人はどのくらいいるのだろうか。「楽しみにしている」と答えたのは65.8%に対し、「楽しみにしていない」は18.4%だった。セイコーホールディングス調べ。

[Business Media 誠]

 あなたは2020年の東京オリンピック開催を望んでいますか? 20〜50代の男女に聞いたところ、「望む(どちらかといえばを含む)」と答えたのは49.5%、「望まない(どちらかといえばを含む)」は23.7%であることが、セイコーホールディングスの調査で分かった。開催を望む人を男女別にみると、男性が53.0%に対し、女性は45.8%。年代別では20代が最も多く53.5%、最も少なかったのは40代で45.5%だった。

yd_tokyo1.jpg あなたは2020年の東京オリンピック開催を望んでいますか? (出典:セイコーホールディングス)

 開催を望む人に、その理由を聞いたところ「経済効果があるから」(77.3%)がトップ。以下「震災からの復興を世界にアピールできるから」(46.5%)、「世界のトップアスリートの競技を直に見ることができるから」(43.7%)、「日本が安全であることをアピールできるから」(34.4%)と続いた。

yd_tokyo2.jpg 東京オリンピックの開催を望む理由(出典:セイコーホールディングス)

 一方、開催を望まない人に、その理由を聞いたところ「オリンピックに使うお金を年金など社会保障に回してほしいから」(60.4%)と答えた人が最も多かった。このほか「税金の無駄遣いだから」(59.0%)、「オリンピックに使うお金を被災地の復興に使ってほしいから」(54.6%)、「誘致合戦に勝てそうもないから」(21.2%)という結果に。「その他」の中には「交通などが混雑する」「東京以外の都市で開催してほしい」「治安が悪くなる」といった回答が多かった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集