調査リポート
» 2012年05月08日 17時42分 UPDATE

4月の新車販売台数、11年12月発売の「アクア」「NBOX」が2・3位に

日本自動車販売協会連合会などは、4月の新車販売ランキングを発表。ともに2011年12月に発売されたばかりのトヨタ「アクア」が2位、ホンダ「NBOX」が3位に入り、新しい流れを感じさせるランキングとなった。

[Business Media 誠]

 日本自動車販売協会連合会などは5月7日、4月の新車販売台数ランキングを発表した。それによると、トップは11カ月連続でトヨタ自動車の「プリウス」で、販売台数は前年同月比349.3%増の2万1906台。前年同月比で大きく伸びたのは、震災の影響で2011年4月の販売台数が少なかったためで、2年前の2010年4月(2万6482台)よりは17.3%少なかった。

 2位はトヨタ自動車が2011年12月に発売した新型ハイブリッド車「アクア」で1万8481台。3位は本田技研工業が同じく2011年12月に発売した軽自動車「NBOX」で1万6928台だった。上位車種はここ数年大きな変動がなかったが、久しぶりに新しい流れが訪れているようだ。

ah_burando.jpgah_burando2.jpg 4月の新車乗用車販売台数ランキング(左、クリックで30位まで表示、出典:日本自動車販売協会連合会)、4月の軽自動車新車販売台数ランキング(右、クリックで拡大、出典:全国軽自動車連合会)

震災の反動で、前年同月比は大幅なプラスに

 2011年4月は東日本大震災の影響で販売台数が大きく落ち込んだことから、4月の新車販売台数は前年同月比92.0%増の20万8977台と、8カ月連続で前年同月比プラス。しかし、震災前の2010年4月と比較すると5.9%減少していた。軽自動車の新車販売台数も同96.0%増の15万654台と、6カ月連続で前年同月比プラス。2010年4月比でも15.6%増と好調だった。

 メーカー別に見ると、トヨタ自動車が同190.2%増、本田技研工業が62.0%増、日産自動車が67.0%増となっていた。

ah_sinhan.jpg 4月の新車販売台数(登録車、出典:日本自動車販売協会連合会)

関連キーワード

販売台数


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集