ニュース
» 2012年05月08日 08時01分 UPDATE

25〜34歳のビジネスパーソンに聞く、夏のボーナスはどのくらい? (1/2)

「企業の業績が回復」といったニュースに接するようになったが、夏のボーナスはどのくらい支給されるのだろうか。25〜34歳のビジネスパーソンに支給額を予測してもらった。DODA調べ。

[Business Media 誠]

 2012年の夏のボーナスはどのくらい支給されそうですか? 25〜34歳のビジネスパーソンに聞いたところ、予想額は前年比0.9%増(2000円)の32万7000円であることが、転職サイト「DODA」の調査で分かった。大手シンクタンクによると、夏のボーナスは昨年に比べ減少すると予想しているが、「就業者は足元の景気や企業の業績回復を肌で感じ、ボーナスへの影響を期待しているのかもしれない」(DODA)

 業種別にみて、金額が最も多かったのは「メーカー」で42万1000円。次いで「金融」の41万9000円、「医療・医薬」の34万円、「IT」「商社・流通」の31万2000円という結果に。「メディア・広告」は23万1000円と低かったものの、昨年に比べ8.1%の増加。「企業の販促活動が活発になり、ソーシャルメディアやスマートフォンなど新たな広告展開のニーズが高まっていることがボーナスへの期待値を上げているのではないか」(DODA)としている。

 ちなみに「減少する」と予想したのは、「IT」(−1.8%)と「建築・不動産」(−1.5%)の2業種だった。

yd_bonus1.jpg 夏のボーナスの平均支給額(業種別、出典:DODA)

3割の人が、ボーナスの金額次第で転職を考える

 ボーナスの金額次第で、転職を考えている人はどのくらいいるのだろうか。全体の32.1%が「考えている」と回答。2010年に実施した調査で同じ質問をした際、「転職を考えている」人は21.6%。2年前に比べ、転職に踏み出そうとしている人が10ポイント以上増えていることが明らかに。

yd_bonus2.jpg ボーナスの金額次第で転職を検討する人の割合(業種別、出典:DODA)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集