調査リポート
» 2012年04月27日 14時30分 UPDATE

どんな内容で口コミの信頼度は高まる? 男女で違い

通販サイトやグルメサイト、アプリ市場など、あらゆるところで見られるようになった口コミ情報。消費者は口コミ情報とどのように接しているのだろうか。NTTレゾナント調べ。

[Business Media 誠]

 通販サイトやグルメサイト、アプリ市場など、あらゆるところで見られるようになった口コミ情報。先日、やらせ書き込みが問題ともなったが、消費者は口コミ情報とどのように接しているのだろうか。

 NTTレゾナントの調査によると、商品・サービスの購入・選定時に口コミが「気になる」という割合は81.6%と、「気にならない」の18.3%を大きく上回った。男女別に「気になる」の割合をみると、女性が88.9%と男性の74.2%を上回っていた。

 ちなみに良い口コミと悪い口コミのうち、「悪い口コミの方が気になる」が71.8%と、「良い口コミの方が気になる」の28.1%より多かった。

ah_ntt1.jpg 商品・サービスの購入・選定時に口コミがどの程度気になるか(出典:NTTレゾナント)

8割以上が口コミを信頼

 口コミの信頼度については、81.0%が「信じる(どちらかといえば含む)」と回答。

 どんな内容で信頼度が高まるか聞くと、最も多かったのは「文章がしっかりしている」で47.7%。以下、「同じような年代、立場の人の意見」が27.4%、「自分と同じ考え方だと感じる」が26.5%、「有識者らしき人である」が17.1%と続いた。

 男女別にみると、「同じような年代、立場の人の意見」の割合は男性(20.0%)より女性(34.6%)の方が高く、「有識者らしき人である」は女性(14.0%)より男性(20.3%)の方が高くなっていた。

 インターネットによる調査で、対象は15歳以上の男女2107人(男性49.3%、女性50.7%)。調査期間は2011年11月2日から6日。

ah_ntt2.jpg 口コミの内容による信頼度(出典:NTTレゾナント)

関連キーワード

口コミ | NTTレゾナント | 調査


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -