連載
» 2012年04月27日 07時59分 UPDATE

部下育成の教科書(5):「変わり目」こそが、部下育成のチャンスかもしれない (1/4)

「部下を育成したいけど、どうすればいいのか分からない」という上司も多いのでは。部下育成のチャンスのひとつに「変わり目」が挙げられる。では、その変わり目をどのようにして見つければいいのだろうか。

[Business Media 誠]

部下育成の教科書:

yd_bukabook.jpg

この連載は書籍『部下育成の教科書』(ダイヤモンド社)から抜粋、再編集したものです

山田直人(やまだ・なおひと)

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ研究員。早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業。多数の社会人向けトレーニングプログラム開発に従事。近年では、トランジション・デザイン・モデルの開発や、研修効果を高め受講者の職場実践を促進する研究及びサービス開発に携わる。

木越智彰(きこし・ともあき)

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ研究員。京都大学文学部人文学科卒業。新人・若手向けを中心とした研修サービスの開発及び、中堅中小企業向け研修サービス「リクルートラーニングクラブ」のサービスを立ち上げ、外国人従業員の受け入れ・定着支援に携わる。

本杉健(もとすぎ・たけし)

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ マネージャー兼主席研究員。一橋大学社会学部卒業。専攻は組織論。自動車、電機、通信、鉄道、銀行などの業界の企業にHRMソリューションサービスを提供。現在は企業における役割転換の調査・研究に携わる。


入口のサイン

 自分が新たな段階を迎えていることに気づき、意識や行動を変える必要性を自覚するきっかけとなる出来事を指します。

 トランジションの入口のサインの例

(1)スターター(Starter)へのトランジション

  • 社会人としての言葉遣いや身だしなみを守ることを求められる
  • 職場に属し、年齢や価値観の異なる人とも交流することが求められるようになる

(2)プレイヤー(Player)へのトランジション

  • 後輩が入り、一番下の立場ではなくなる
  • 明確な業績目標を与えられる

(3)メインプレイヤー(Main Player)へのトランジション

  • 複雑かつ関係者の多い業務を任される
  • 上司から意見を求められたり、後輩からアドバイスを仰がれる

(4)リーディングプレイヤー(Leading Player)へのトランジション

  • リーダー的な立場の業務を任される
  • 他部署から「あなたのチームとしての考えや方針」を聞かれる 

 この出来事に合わせて、上司や周囲から、これまでとは違う内容・レベルの期待を伝えることが、トランジションの入口では重要です。

 これが「もうこれまでの段階とは違うんだ」「今までと同じじゃダメなんだ」と気づく、まさに段階が変わり、求められることも変化することに気づくサインです。

 すべては、このサインに本人が気づくこと(本人に気づかせること)からトランジションはスタートします。そもそもサインが出ていなければ本人は気づきようがありませんし、もしサインが出ていたとしても本人が気づかなければ意味がありません。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集