連載
» 2012年04月26日 08時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:ネット時代のマーケティング担当者に捧ぐ、ソーシャル海の泳ぎ方 (2/3)

[郷好文,Business Media 誠]

Webの向こう側の消費者心理

郷好文

“レビュー”マーケティング

 見かけはクチコミ、実は強力なマーケティング。代表例はAmazonのレビュー。私たちは帯文句より、献本に応じて書かれる書評より、素人レビュアーのホンネを信じる。リアルの本屋の店員の手書きのPOPに「店員の声なら」とほだされてしまう。

“この指とまれ”マーケティング

 ネットクーポンは短期間に買い手を集める巧妙な販促である。だがクーポンの本質は路上でチラシを配るのと同じ。最初はお得でも2回目は正規料金だ。巧妙に立ち回る消費者は「お得な1回目だけ参加」して、リピートなんかしない。

 「9時から販売しますよ〜!」のタイムセールや「みんなで注文すれば安くなる」共同購買も苦戦中。最近はサービス(例えば岩盤浴)や体験商品(例えば旅行)にシフトしている。ブツ欲には限りがあるし、「限定品」か「残りもの」か消費者の目は鋭いからだ。

“あおり”マーケティング

 代表例はネットオークション。本来はセリで高値になり、胴元がもうかるはずだが、いつの間にかヤフオクは相場価格で売買される“不用品売買市場”になった。あおられない賢い消費者が見えてくる。

 余談だがネット上に“ジャパネットたかた”みたいなビジネスモデルがあればウケると思う。「こんなに安くていいんですか!」「これもあれもつけてどうだ!」という“セリ売り”の仕掛けを、単なる動画じゃなくてクリックするたびに増えるとか、ダイナミックに構築できないのだろうか?

“ソーシャル”マーケティング

 参加者が爆発的に増えたFacebook、Twitterなどソーシャルネットワークはマーケティングの主戦場になり得る。参加者同士が盛り上がって「じゃあイベントに行くか」「仕事を出そうか」となる。そこで手数料を取る。

 ところがソーシャルネットワークは、まだマーケティングができる段階じゃない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -