連載
» 2012年04月24日 08時00分 UPDATE

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:「サービス残業はありえません」――日本人女性が称賛するドイツのワークスタイル (1/3)

ドイツ・ミュンヘンで、通訳やイベントマネジメントを通してドイツと日本との架け橋になっている神谷千代さん。ドイツでは日本と違い、ワークライフバランスがとれているということです。

[太田英基,世界一周サムライバックパッカープロジェクト]
世界一周サムライバックパッカープロジェクト

太田英基(おおた・ひでき)

ah_oota.jpg

世界一周中のバックパッカー。4月4日現在、インドネシア滞在中。1年半で40カ国以上の訪問を予定。若者の外向き志向の底上げのため、海外で働く日本人を訪問したり、旅の中で気付いたことや発見したことをWeb中心に情報発信しながら旅をしている(サムライバックパッカープロジェクト)。学生時代に広告サービス「タダコピ」を立ち上げた元起業家でもあり、根っからの企画屋。Twitterアカウント「@mohideki」では旅の様子をリアルタイムに発信している。

 →目指せ世界一周!「サムライバックパッカープロジェクト」とは?


 ドイツには首都ベルリンのほかにも、ミュンヘンやハンブルグ、フランクフルトなど、さまざまな大都市があります。日本だと東京一極集中になりがちですが、ドイツはそれとは異なるような雰囲気があります。

 そうした大都市の1つであるミュンヘンは教育都市としても名高いようで、優秀な若者が多く滞在しているそうです。今回はそのミュンヘンで、Twitterを通じてお会いすることになったJapan Conceptの神谷千代さんをご紹介します。

ah_samurai1.jpg 神谷千代さん(中央)

日本とドイツの架け橋に

――自己紹介と、これまでの歩みについて教えてください。

神谷 1991年からドイツのミュンヘンに住み、ドイツ人パートナーや子どもたちとの生活の中で、常に異文化体験を繰り返す日々を過ごしています。

 1980年代に青山学院大学法学部を卒業後、日本で数年間、広告制作会社や米国系映画会社宣伝部などに勤務しました。

 その後、より広い世界を見ようと、英国客船クイーン・エリザベス二世号の船上で、日本人顧客担当のクルーズ・スタッフとして、朝のエクササイズからビンゴ大会、ディナーショーの司会などの仕事をしました。

 そして、一身上の都合からドイツに来て、日系企業アシスタント業務や日本語補習校教員、ドイツ企業勤務を経て、2010年3月よりフリーランサーとして、日独通訳や異文化トレーナー、イベントマネジメントなどを主な業務内容としています。

――Japan Concept社のミッションや事業内容について教えてください。

神谷 「日本とドイツをつなぐ架け橋」がモットーです。

 現在の主な事業内容は、見本市や各種商談・会議・シンポジウムでの通訳、異文化コミュニケーションの分野でのトレーニング、海外進出企業のビジネス開発サポート、マーケティングリサーチなどです。2012年はもうひとつ別に大きなプロジェクトを予定していて、ミュンヘン市主催のビジネスプラン・コンテストに参加する予定です。

 そのほかにも、“日本の今”を紹介するライフスタイル見本市、「ジャパンメッセ」の企画・運営も行っています。

――神谷さんの社内での役割・仕事内容を教えてください。

神谷 フリーランサーとして、営業から経理まですべて1人でこなしています。2012年は新規顧客の獲得に力を入れたいです。

――ドイツに渡った理由を教えて下さい。

神谷 若気の至りの一身上の都合です(笑)。

――海外で働くという志向をもともとお持ちでしたか?

神谷 12月生まれで星座が射手座なのですが、射手座というのは外国と縁のある星座なんだそうです。

 そんなすりこみもあってか、子どものころから何となく「外国に住みたいな」とは考えていましたが、特に仕事をしたいとは思っていませんでした。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 SAMURAI BACKPACKER PROJECT Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集