連載
» 2012年04月12日 08時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:欧州デザイン界お墨付き、くしゃっと丸めて使える地図はどう生まれたか (3/3)

[郷好文,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

ありのままを観察しよう

 TPAの発想法は地図に限らない。マグカップにもメガネにも文具にも応用できる。例えば、家にあるクロゼット。

 江戸時代、和服は竹や柳、籐などを編んで作られたフタ付きの箱である行李(こうり)に入れられた。やがて和ダンスが普及し、文明開化後は洋ダンスとなり、戦後はクロゼットへ、そしてウオークインクロゼットになってきた。服を置く場所も和室から洋間へ、やがて専用の小部屋へと“たたむ”から“掛ける”へ変化してきた。ここまでが「時間」と「場所」。

 そこで私のクロゼットを観察すると……脱いだ服をくるっと丸めてタンスの上に載せている(笑)。だらしないなあ。でも、こういう「行動」は私だけではないだろう。

ah_kurutto.jpg 我が家のクロゼット

 すると洋服収納アイデアが湧いてくる。くるっとしたまま服を突っ込める「ワインラックのような洋服タンス」はどうか? ジーンズを巻き取る収納具はどうだろう?

 すべての開発は観察して理解するところから生まれる。

関連キーワード

地図 | デザイン | アイデア(発想) | 東京


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -