連載
» 2012年04月11日 08時00分 UPDATE

それゆけ! カナモリさん:フードは缶詰だけ、“缶'sBar”はオイシイ商売か? (1/2)

JR秋葉原駅近くの高架下にできた、フードは缶詰だけというバーが賑わっているらしい。その魅力を、定番フレームワークを用い、顧客視点・店舗視点の双方から分析してみた。

[金森努,GLOBIS.JP]
GLOBIS.JP

それゆけ! カナモリさんとは?

グロービスで受講生に愛のムチをふるうマーケティング講師、金森努氏が森羅万象を切るコラム。街歩きや膨大な数の雑誌、書籍などから発掘したニュースを、経営理論と豊富な引き出しでひも解き、人情と感性で味付けする。そんな“金森ワールド”をご堪能下さい。

※本記事は、GLOBIS.JPにおいて、2012年4月6日に掲載されたものです。金森氏の最新の記事はGLOBIS.JPで読むことができます。


ah_kana1.jpg 缶'sBar

 東京・JR秋葉原駅近くにある高架下の、フードが缶詰だけというバーの話。

 ……と聞くと、「ああ、立ち飲みね」と思われるかもしれない。確かに個人商店の立ち飲み屋の基本形ではある。だが、40種類もメニュー(缶詰)があるのが特徴だ。価格は1缶300〜800円。客席には大根おろしや刻みネギなどのトッピングも用意されており、中身によっては温めてもらうこともできる。同店は「缶'sBar」という屋号で今年1月にスタートしたという。

 同店を運営しているのは個人商店ではない。株式会社日本レストランエンタプライズ。通称、NRE。JR東日本グループの総合外食企業として、駅構内での駅弁の販売や駅そば店などの営業なども手がけているが、メイン業務としては新幹線や特急列車での車内販売を展開している。缶'sBarは、その社内ベンチャーとして出店されたのだ。

 JR東日本傘下ということで、もとより好立地の期待できるこの店舗。その店舗・顧客双方にとっての魅力を、経営学の定番フレームワークを使いながら考えてみたい。

商品は缶詰に絞り込み、40種類を揃える

 まず、商品のラインアップを考える時には、通常「幅(商品カテゴリ)」と「深さ(アイテム数の多さ)」で考える。幅が広ければ、より多くの顧客ニーズにマッチし、深さがあればその魅力度を増すことができる。

 缶'sBarの特徴は、幅を「缶詰」だけに絞り込んで、深さを40種類も増やしたことに尽きる。幅の狭さは専門店なら珍しくはない。ラーメン屋はチャーハンなどの飯モノを扱う程度だし、そば屋も「うどんもありますよ」的な展開くらいに絞っている。しかし、40種類も用意はしていない。

 なぜ、缶詰であれば深さを追求でき、ラーメン屋やそば屋では難しいのか。「食材の調達」→「保管」→「調理」→「配膳・下膳」→「廃棄」という飲食店の「バリューチェーン(以下、VC)」に添って考えると理由を整理しやすい。

 まず1つは、運営が非常にシンプルに済むということだ。缶詰であれば「保管」はすべて常温で済み、また「調理」は缶を開けるだけでいい。その分、店舗の設備開発コストや店員の教育コストなどを最低限に押さえることができる。

 しかも、最後の「廃棄」過程にもメリットが認められる。廃棄には料理の残滓(ざんし)だけではなく、調理されずに鮮度の悪くなった食材も含まれるが、生鮮品と異なり缶詰は賞味・消費期限が圧倒的に長く、結果、食材の廃棄リスクを極めて低く留められるのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2016 Globis Corporation All rights reserved.

Loading

注目のテーマ