トップ10
» 2012年03月30日 12時00分 UPDATE

誠 Weekly Access Top10(2012年3月17日〜3月23日):野球の得点、安打数や四球数などから推測できる?

映画『マネーボール』の原作書籍で紹介されていた、安打数や四球数などから推定得点を導き出す“得点公式”。2011年度の日本プロ野球の成績をもとに、それがどれだけ正しいか調べてみた。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 先週最も読まれた記事は「“やらせライター”に困っている……とあるラーメン店の話」。2位は「『青春18きっぷ』が存続している理由」、3位は「“ブラック企業”の中に併存しているもの、それは?」だった。

『マネーボール』の“得点公式”が正しいか調べてみた

 「『金持ち球団が強い流れに戻っている』――『マネーボール』のビリー・ビーンGMインタビュー」で取り上げたセイバーメトリクス。各種統計から選手を客観的に評価する仕組みなのだが、その思想から生まれたものの1つに“得点公式”というものがある。マイケル・ルイス氏の原作で紹介されているのだが、それは次の計算式から得点が推測できるというものだ。

 得点数=(安打数+四球数)×塁打数÷(打数+四球数)

 なかなか大ざっぱな計算式だが、2011年度の日本プロ野球の成績を実際に代入して、チームごとに計算したのが次の表である。

推定得点と実際の得点の関係

セ・リーグ 打数 安打 塁打 四球 推定得点 実際の得点 誤差(%)
ヤクルト 4645 1132 1594 430 490.6 484 1.4
阪神 4727 1206 1672 336 509.2 482 5.6
巨人 4716 1145 1670 323 486.5 471 3.3
広島 4639 1136 1505 340 446.1 439 1.6
横浜 4625 1106 1539 329 445.8 423 5.4
中日 4583 1044 1511 423 442.8 419 5.7
パ・リーグ
西武 5427 1204 1740 408 480.7 571 -15.8
ソフトバンク 5338 1271 1825 354 521.0 550 -5.3
日本ハム 5284 1189 1685 313 452.2 482 -6.2
オリックス 5316 1172 1616 352 434.5 478 -9.1
楽天 5207 1140 1500 307 393.6 432 -8.9
ロッテ 5339 1146 1506 349 395.8 432 -8.4

 結果を見ると、西武を除いた11球団で、実際の得点の誤差10%以内に推定得点が位置していて驚く。

 よく見るとリーグによって特徴があり、セ・リーグの球団ではすべて実際の得点を推定得点が上回っているのに対して、パ・リーグの球団ではすべて実際の得点を推定得点が下回っている。セ・リーグとパ・リーグの一番の違いは指名打者制の有無だが、もしかするとそのあたりで違いが出ているのかもしれない。各球団の予想スターティングメンバーの昨年の安打数や四球数を代入すれば、今年の推定得点も弾き出せそうなので、興味がある方は調べてみていただきたい。

 セイバーメトリクスの出塁率や長打率のように、一般には重視されていないデータに注目することは、日本でもいくつかの個人Webサイトが行っている。例えば、「プロ野球実践データ記録室」では、安打以外の出塁率や併殺打を打つ割合などに注目していて、それらの結果を見ると、納得させられることも多い。

 プロ野球が開幕する今日、試合の合間にこうした情報を眺めてみても面白いのではないだろうか。

関連キーワード

野球


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -