ニュース
» 2012年03月29日 16時32分 UPDATE

スマホユーザーの9割「自分は“スマ充”」――なぜなら (1/2)

スマートフォンが急速に普及しているが、スマホを利用することで増えたことは何だろうか。スマホユーザーに聞いたところ「(ケータイのころは)出会うことのなかった情報との接触」「付き合うことのなかった人との交流」と答えた人が多かった。電通調べ。

[Business Media 誠]

 スマートフォンの普及率は2009年には1%だったが、この3年間で36%に達していることが、電通の調べで明らかになった。この1年間に最も大きく伸びたのは、昨年まで7%しかなかった男女10代。ともに今年の利用率は30%を超えた。この結果について、電通は「『社会人になったらスマホデビュー』はすでに古い認識になりつつあるようだ」としている。

yd_dentu1.jpg この1年間で、スマホ利用率が伸びたのは(出典:電通)

 スマホを使い始めて「ケータイのころより生活が楽しくなった」という人は89%。「『スマホで充実生活=スマ充』なユーザーが9割にも達していることが分かった」(電通)

yd_dentu2.jpg スマホを使い始めて、変わったことは? (出典:電通)

 また「スマ充」を感じさせる要因を聞いたところ、ケータイ利用者に比べて「フルブラウザ」「SNS・ミニブログ」「動画共有サービス」などを、格段に利用している人が多い。年代別でみると、特に女性10〜20代のスマホ利用者は「フルブラウザ」「SNS・ミニブログ」「動画共有サービス」の利用率が他の年代よりも多かった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -