ニュース
» 2012年03月29日 14時09分 UPDATE

エイプリルフールを楽しむ人の周りには、同じような人が集まっている?

エイプリルフールに、嘘をついたことがある人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代の人に聞いたところ「嘘をついたことがある」「嘘をつかれたことがある」ともに約6割だった。メディアインタラクティブ調べ。

[Business Media 誠]

 毎年やってくるエイプリルフールで、実際に嘘をついたことがある人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代の人に聞いたところ「嘘をついたことがある」(62.0%)、「嘘をつかれたことがある」(62.8%)ともに約6割であることが、メディアインタラクティブの調査で分かった。

yd_ei1.jpg (出典:メディアインタラクティブ)

 2つの設問結果をクロスしてみると、「嘘をついたことがあるけれど、嘘をつかれたことがない人」が18.4%なのに対し、「嘘をついたことがなく、嘘をつかれたことがない人」は68.4%。エイプリルフールを楽しむ習慣がある人の周りには、同じようなタイプの人が集まっているようだ。

エイプリルフールでついた・つかれた嘘

 エイプリルフールにどんな嘘をついたことがあるのだろうか。この質問に対し、「相手が笑う楽しい嘘」(74.5%)が断トツ。次いで「相手が喜ぶ幸せな嘘」(29.4%)、「相手が怒る嘘」(8.7%)、「相手が悲しむ嘘」(4.5%)と続いた。

 またエイプリルフールにつかれた嘘の内容を聞いたところ「自分が笑う楽しい嘘」(68.1%)が最も多く、以下「自分が喜ぶ幸せな嘘」(28.8%)、「自分が怒る嘘」(13.4%)、「自分が悲しむ嘘」(6.7%)という結果に。

 「ついた嘘の内容」「つかれた嘘の内容」ともに“楽しい嘘”が2位に大差をつけて1位だった。また2位の“幸せな嘘”も1位と同様に「嘘をつかれた相手がプラスの感情になる嘘」と言える。「いくら嘘をついてもよいという風習のエイプリルフールでも、嘘の内容には気を遣っているようだ」(メディアインタラクティブ)

yd_ei2.jpg (出典:メディアインタラクティブ)

 インターネットによる調査で、20〜59歳の男女500人が回答した。調査期間は3月21日から22日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集