連載
» 2012年03月14日 08時00分 UPDATE

消費者理解コトハジメ:Twitter女子はジブリ好き?――データからみるペルソナ図鑑 (1/2)

気軽にコミュニケーションできるツールとして人気のTwitter。一般人でも数千人以上のフォロワーを集めていることもありますが、利用している女性にはどのような傾向があるのでしょうか。

[大久保惠司,Business Media 誠]

 これまでクラウド型消費者分析ツール「ぺるそね※」を用いて、「Facebook女子」「mixi女子」「GREE女子」「mobage女子」とソーシャルメディアを使っている女性の分析を行ってきました。今回のテーマは「Twitter女子」。突っ込みどころ満載でいきたいと思いますのでお付き合い下さい。

※ぺるそね……約3万人の消費行動データをもとに、ターゲットとなる人々のライフスタイルを読み解けるナレッジベースサービス。データは2011年9月調査のもの。

 →MacBook AirユーザーとLet'snoteユーザーはどう違う?

 →Facebook女子ってどんな人?――データから見るペルソナ図鑑 →mixi女子ってどんな人?――データから見るペルソナ図鑑

 →Facebook女子とmixi女子の違いとは――データから見るペルソナ図鑑

 →GREE女子とmobage女子はギャンブル好き!?――データから見るペルソナ図鑑

 →VAIOな男性、VAIOな女性――データから見るペルソナ図鑑

Twitter女子を「ぺるそね」で調べてみる

 「ぺるそね」の全サンプル(2万9093人)のうち、「Twitterを利用している」と回答した女性は2867人いました。女性の18.3%がTwitterユーザーということになります。平均年齢は36.1歳で、女性全体と比較すると6.6歳若くなっています。総務省の人口動態をベースに補正してみると年齢構成的には10代〜20代の構成比が高くなっていることが分かりますが、年代的には幅広い層に拡大しているようです。

ah_okubo1.jpg 年齢構成グラフ

 平均年齢からもうかがえるように、当然既婚率は低く、平均世帯年収も若干低くなっています。消費行動の傾向は「新しく出た商品は実際に買っていろいろ試してみる」人々で、「次から次へと欲しいものが出てきて困る」というように、消費意欲は活発で情報感度も高い人たちと言えそうです。思われたいイメージは「個性的」「ワクワクさせる」「独創的」「斬新」などが女性全体と比較して高くなっています。

 関心が高いのは「携帯電話」で、「ケータイサイト」から情報を得る人が多くなっています。また、雑貨・インテリアショップに行く人たちの割合が高く、コンビニの利用者も全体と比較して高いようです。

 趣味を見ると女性全体と比較して特に高いのは「漫画」「テレビゲーム」「カラオケ」「写真」で1.7〜1.8倍高くなっています。興味関心事も「アート」「ライブ・イベント」「ゲーム」「デザイン」「恋愛・結婚」などが全体と比較して1.7〜1.8倍高くなっています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -