調査リポート
» 2012年03月06日 13時37分 UPDATE

薄毛の対策方法、かつらや植毛から、発毛・育毛剤やヘアケア剤に

矢野経済研究所は、2011年度のヘアケア市場規模は前年度比0.1%増の4288億円と見込んだ。分野別にみると、毛髪業市場や植毛市場が縮小する一方、発毛・育毛剤市場やヘアケア剤市場が伸びているようだ。

[Business Media 誠]

 矢野経済研究所は3月6日、「ヘアケア※市場に関する調査結果」を発表、2011年度の市場規模を前年度比0.1%増の4288億円と、ほぼ横ばいであると見込んだ。景気悪化にともなう消費不況の影響で、2007年度以来、3年連続で市場は縮小していたが、底を打った形だ。

※ヘアケア市場…「毛髪業(かつら)市場」「植毛市場」「発毛・育毛剤市場」「ヘアケア剤市場」で構成される。
ah_kami1.jpg ヘアケア市場規模推移(出典:矢野経済研究所)

 分野別にみると、発毛・育毛剤市場は2年前の調査時より8.7%増加して636億円、ヘアケア剤市場も同2.4%増の2274億円と好調だ。矢野経済研究所では「近年、加齢による髪の悩みに対応する地肌ケアやスカルプ(頭皮)ケアがキーワードになっており、こうした効果を訴求した商品・ブランドが増加している」とコメントしている。

 一方、単価下落や他分野に需要を奪われていることから、毛髪業(かつら)市場は同4.3%減の1330億円。毛髪治療が植毛手術から医療施設における投薬治療へシフトしていることから、植毛市場も同28.9%の48億円と大きく市場規模を縮小している。

 今後の市場について、矢野経済研究所では「景気悪化に伴う消費不況が続く中でも、ストレス社会による薄毛人口の増加、高齢化の進行、消費者のアンチエイジング志向の高まりなどから、当面は横ばい〜微増で推移する」と予測している。

ah_kami2.jpg 2011年度のヘアケア市場分野別構成比(出典:矢野経済研究所)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ