Special

ギガぐっさんで光ぶっ太い! UCOM光ってどこがいい?

最近ネットを使っていると見かける「ギガぐっさん」の文字。TwitterやFacebook、そして交通広告などでよく見かける、光る衣装に身を包んだぐっさんこと山口智充氏の画像……。実はこれ、UCOM光が展開する、光インターネット回線のキャンペーンなのだ。

[PR/Business Media 誠]
st_uc001.jpg UCOM ギガぐっさんのFacebookページ

 UCOM光は、世界で初めて商用光回線サービスを個人向けに提供した会社である。速度と品質には定評があるが、インフラの訴求は差別化が難しい。そこでこの春スタートしたのが、タレントの山口智充氏を起用した「ギガぐっさん」のプロモーションである(参照リンク)。テレビCMは使わず、首都圏・近畿圏のJRや私鉄で流れるトレインチャンネル、ネットの広告、TwitterやFacebookといったSNSを活用したWebキャンペーンを展開している。

 近未来的な衣装を着た山口氏がネットを快適に使えるようにサポートする動画CMは、「ギガもメガも大容量で安定した光インターネット回線」を使える光回線サービスであることを訴求するためのもの。ネットを活用するビジネスパーソンなら、きっとどこかで目にしている「ギガぐっさん」。それはまさに、これを読んでいるあなたのネットライフをぐっと快適にするサービスなのだ。

3月9日・10日・11日、アキバとなんばをギガぐっさんがつなぐ!

 3月9日・10日・11日の3日間、東京・秋葉原と大阪・なんばの東西2スポットを、UCOM光の太い回線でつなぐイベントが行われる。

 両会場をリアルタイムに光回線でつなぐ大画面ストリーミング、参加者が誰でも「ギガ○○○」に変身できるインタラクティブビジョン、変身した姿をその場でSNSへ発信できるタッチ&トライコーナーなど、UCOM光を体感できる企画がもりだくさんだ。

  • 実施期間:3月9日・10日・11日 10時〜18時
  • 東京会場:UDXアキバ広場 東京都千代田区外神田4-14-1
  • 大阪会場:YES・NAMBA 大阪市北区難波3-1-1 OSC南ゲート広場

UCOM光はなぜ速い?

 いまやネットのない生活は考えられない。仕事や趣味でネットを良く利用する人が増えているが、固定回線はつい「なんとなく」選びがち。世界でも専用線の普及が進んでいるネット先進国・日本だが、個人でも法人でも多くは最大100Mbps。それ以上の通信速度を求めると、利用料金が跳ね上がるのが常だった。しかしUCOM光では、これまでの100Mbpsサービス程度の利用料金で1Gbpsの通信速度が得られるようなサービスの提供を開始した。

 広いエリアに敷設しなくてはいけない電話線など、他の用途からの転用ではなく、UCOMのバックボーンインフラはインターネット専用に引いた光回線。間にスプリッタを入れることなく、基地局から建物までダイレクトにつないでいるので、スピードが出るし安定しているのだ。

 下の画面は、通信速度測定システム「Radish Network Speed Testing」で、同じPCを使い、それぞれUCOM光の100Mbpsサービスと1Gbpsサービスでスピードテストを行ったもの。どれくらい速度が違うか、直感的に分かるのではないだろうか。


st_uc002.pngst_uc003.png Radish Network Speed Testingを使った速度測定の比較画面。左が100Mbpsサービス、右が1Gbpsサービス
※あくまでもこれは株式会社UCOM会議室内のデモ環境での測定結果です

 自宅でWebサイトや動画などをよく見る人なら、快適さを左右する固定回線のスピードと品質にこだわりたい。特に、都市の賃貸・分譲マンションに住んでいる読者にオススメなのが、ギガぐっさんのUCOM光だ。メガだけでなく、マンションによってはギガも個人で使える光回線サービスである。

 マンション向けの光インターネット接続サービスでは「(マンション全体で)100Mbpsベストエフォート」をうたうものが増えているが、ネットを使うデバイスが多様化し、コンテンツも動画などデータ量が多いものが増えている現状、回線は太ければ太いほどありがたい。

 実は数字上は同じ100Mbpsでも、実際に使ってみると速度にバラつきがある。UCOM光の場合、マンション全体で1Gbps/100Mbpsではない。例えば、100Mbps(ベストエフォート)でもマンション全体のスイッチではなく、各フロアのスイッチまで100Mbpsあるいは1Gbpsの通信速度を提供している。マンションによっては、部屋まで1Gbpsを提供しているものもある。

集合住宅向けサービス
サービス名 初期費用 月額基本料
spaaqs 光 マンションVDSL100タイプ
VDSLタイプ 最大100Mbps ※1
9450円 3480円
spaaqs 光 マンションLANタイプ
LANタイプ 下り最大100Mbps 上り最大100Mbps ※1
1万8900円 3990円

 ※1個人ユーザー向けに100Mbpsのインターネット接続サービスを提供する「spaaqs 光」料金一覧。このほか「UCOM光 マンション全戸一括タイプ」であれば、大きく変わらない値段で1Gbpsプランの選択も可能

オフィスでギガをスタンダードにする2つのプラン

st_uc007.jpg UCOM エンタープライズ営業部の伴歩部長

 大容量ファイルをやりとりしたり、クラウドサービスを使ったり、業務で動画コンテンツを視聴したり――。オフィスでは年々、より速く高品質なデータ通信のニーズが増えている。

 しかし、パフォーマンスとコストは相反するもの。オフィスのインターネット利用の場合、100Mbpsの契約をしている企業がほとんどだ。しかしUCOM光では、オフィスでもリーズナブルに1Gbpsの通信サービスが利用できるサービスを提供している。これまでは100Mbpsのインターネット接続サービスを1回線あたり月額2万3100円〜(※)で提供してきたが、月額2万7300円〜(※)と100Mbpsプランとほとんど変わらない価格で、最大1Gbpsのインターネット接続サービスの提供を開始したのだ。

※いずれも固定IPが一つの場合

 「ギガをスタンダードにしていきたい、というのが我々の思い。昔のギガサービスは、一般的に月額で何十万円もかかりました。でも、これまで100Mbpsが主流だった企業のネット環境は、月額4000円程度の追加投資でギガの回線を利用できるようになりました。導入しやすい価格帯で、もっと多くの企業にギガサービスを拡げたいんです」と、UCOMの伴部長(エンタープライズ営業部)は話す。

(1)スタンダードギガビットアクセス

 「オフィスで1Gbps」の入門プランとして、手軽に始められるのがUCOM光の「スタンダードギガビットアクセス」だ。

 下り最大1Gbpsの光ファイバー回線を、お客様のオフィスだけの占有型で提供。ほかのユーザーの利用状況に左右されることがないので、安定した速度・品質でネットを利用できる。万が一規定値を下回った場合には、利用料金の一部を変換するSLA(サービス品質保証制度)を標準装備している。

st_uc005.jpg スタンダードギガビットアクセス料金表

(2)プレミアムギガビットアクセス

 ギガのスピードだけでなく、より安定した帯域保証が欲しい――。そんなオフィスニーズに応えるのが「プレミアムギガビットアクセス」プラン。スタンダードギガビットアクセスと同様の下り最大1Gbpsに加え、上りの契約帯域を100M/200M/300M/500M/700M/1Gbpsから選べるプランだ。上りの最低帯域保証値はそれぞれ、10M/20M/30M/50M/70M/100Mbpsとなる。

 帯域保証が付くと利用料金が跳ね上がるのが常だが、プレミアムギガビットアクセスなら月額利用料6万900円から始められるのが魅力だ。

st_uc006.jpg プレミアムギガビットアクセス料金表
ギガぐっさんがUCOM光を導入したGabaのオフィスを訪問。果たして何が起こるのか……

 オフィスで「ギガをスタンダードに」。UCOM光のサービスを導入することで、あなたのネットライフや仕事の効率は、格段に向上するはずだ。


提供:株式会社UCOM
アイティメディア営業企画/制作:Business Media 誠 編集部/掲載内容有効期限:2012年3月31日


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


関連リンク