コラム
» 2012年02月28日 08時00分 UPDATE

消費者理解コトハジメ:mixi女子ってどんな人?――データから見るペルソナ図鑑 (1/3)

TwitterやFacebookが大躍進する中、存在感が縮小しつつあるmixi。女性の割合が高いサービスとも言われているが、mixiを利用する女性にはどんな特徴があるのか。約3万人の消費行動データを抱える「ぺるそね」での検索結果をもとに分析してみた。

[大久保惠司,Business Media 誠]
誠ブログ

 日本のソーシャルメディアの草分け「mixi」。TwitterやFacebookが大躍進する中、キッチリと存在感を示しています。

 消費者分析ツール「ぺるそね」で調べてみると、調査対象全体の2万9093人のうち、mixiを使っている人は7287人と25%、そのうち女性は4299人で女性全体の27.5%を占めています。「ぺるそね」のデータの中では唯一、男性より女性の方が多いSNSです(ちなみに男性のmixi使用率は22.2%)。Twitterの猛追を受けながらも、日本のSNSのトップはmixiという結果でした。

※ぺるそね……約3万人の消費行動データをもとに、ターゲットとなる人々のライフスタイルを読み解けるナレッジベースサービス。データは2011年9月調査のもの。

 →MacBook AirユーザーとLet'snoteユーザーはどう違う?

 →Facebook女子ってどんな人?――データから見るペルソナ図鑑

ah_mixi1.jpg SNSの男女別利用状況

 次にこの4299人のmixi女子を詳しく見ていきたいと思います。

 平均年齢は34.7歳で全体的には若く、約4割が20代。当然、既婚率は低く、平均世帯年収も少し低め。消費行動の特徴は、「売れ筋ランキングを参考にして買い物をすることが多く」「自分が周囲にどのように思われているか気になる」という傾向が強いようです。思われたいイメージは「斬新な」とか「独創的な」という傾向も強く出ていますが、「楽しい」や「ワクワクさせる」などの項目も高くなっています。

 関心が高いのは「携帯電話」で、「ケータイサイト」から情報を得る人が多いようですね。また、「雑貨・インテリアショップ」に行く確率も高く、「恋愛・結婚」にも興味が高い層です。「ローリーズファーム」を好み、「iPod nano」で音楽を聴き、「赤りんご青りんご」などの果汁系飲料が好みという傾向がうかがえました。

ah_mixi2.jpg mixi女子の検索結果画面
       1|2|3 次のページへ
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -