連載
» 2012年02月20日 20時20分 UPDATE

ちきりんの“社会派”で行こう!:日本に生まれたことの幸運さ (1/2)

社会に出ると、さまざまなシーンで周りの人との格差が気になってしまうもの。しかし、ちきりんさんは「与えられた環境で、楽しく一生懸命生きればいい」と説きます。

[ちきりん,Business Media 誠]

「ちきりんの“社会派”で行こう!」とは?

はてなダイアリーの片隅でさまざまな話題をちょっと違った視点から扱う匿名ブロガー“ちきりん”さん。政治や経済から、社会、芸能まで鋭い分析眼で読み解く“ちきりんワールド”をご堪能ください。

※本記事は、「Chikirinの日記」において、2005年9月8日に掲載されたエントリーを再構成したコラムです。


 誰でもそうですが、「自分がとても恵まれた立場にいる」ことは、なかなか自覚できないものです。

 ちきりんが就職する時、どんな一流大学を出ても「女性は一切(もしくはアシスタントでしか)雇わない」というのが、大企業から中小企業まで、大半の日本企業の方針でした。当時は「学歴差別が問題だ!」と叫ぶ男子学生を見ると、「何を甘えてるわけ?」と思えました。

 今でも管理職以上のビジネス会議に出ると、女性は自分1人という場合が少なくありません。男性の方は一度目を閉じて、よ〜く想像してみてほしいです。「自分以外の出席者は全員女性」という会議を。そうしたら、女性がどれくらい自分と異なる環境で働いているか、分かっていただけると思います。

 また、「結婚や子どもを持つことと、仕事を辞める(変える)ことがセットの問題であっても、自分は今と同じように結婚や子どもを持つことについて考えることができただろうか?」とも想像してみてください。男性というだけで、日本ではいわば“特権階級”なのです。

 でも、ちきりんは男女差別に怒っているわけではありません。なぜなら、今の時代の日本で、五体満足で生きていることだけでも、自分も相当に恵まれているという自覚があるからです。

 世界の人口のうち「今日は何食べる?」などと言えるのは、70億人中、先進国の人と中進国の富裕層など14億人程度だけです。5人に1人です。残りの人たちは、「今日の夕食」に選択肢があったりはしないのです。

ah_tiki1.jpg 1人当たりの国民総所得(出典:世界銀行)

 しかも、そのうち男性は半分なので、世界人口70億人のうち7億人しか「先進国の男性」はいません。つまり日本の男性は、その事実だけで世界でトップ10%に入る「恵まれた人たち」なのです。

 ちきりんだって、7億人には入らないけど14億人には入ってます。食べることに悩んだことのない14億人であり、本当にありがたいと思います。

 今世界で、「自分がどれくらい有利な立場か」ということを決める要素は……

1.どの国の、どの時代に生まれるか。これでほとんど決まってしまいます

2.五体満足かどうか。そうでないと、どの国でもホントに大きなハンディを押し付けられます

3.男性かどうか

4.その国のマジョリティの人種か

 ……といったあたりでしょう。それ以外の要素なんて、この4つに比べたら誤差みたいなもんです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -