連載
» 2012年02月02日 12時32分 UPDATE

あなたはどうする? 住まいの選び方:大地震の発生確率と建築基準法の怪 (1/4)

「4年以内にマグニチュード7クラスの大地震が、南関東で発生する確率が70%に達する」――。東京大学の地震研究チームがこのように発表したが、住宅購入を検討している人はどのように受け止めればいいのだろうか。

[中山岳史,Business Media 誠]

著者プロフィール:中山岳史

yd_nakayama.jpg

福島大学卒業後、インタープライズ・コンサルティング(旧日本エル・シー・エーに入社)に入社。現在は、同社でマネージャーとして活躍している。住宅不動産業界向けコンサルティングを中心とし、全国の売れ残り分譲地や苦戦マンションの販売支援など、現場密着型の支援を得意としており、幾多のプロジェクトを成功に導いている。クライアントとしては、全国トップクラスの財閥系デベロッパー、ハウスメーカーを多数抱えており、コンサルティングテーマとしては戦略立案、商品開発、プロモーション、マネジメント、セールス力強化など多岐に渡る。


 「4年以内にマグニチュード7クラスの大地震が、南関東で発生する確率が70%に達する」――。

 東京大学の地震研究チームがこのように発表し、波紋が広がっている。

 「もし、巨大地震が起きたら……」と不安に感じている人も多いのでは。メディアもこの問題を大きく取り上げる中、ある調査が発表された。東日本大震災が起きる前と起きた後、住宅購入を検討している人の意識の変化を見たものだ(参照リンク、PDF)

yd_nakayama1.jpg (出典:住宅金融支援機構「民間住宅ローン利用者の実態調査」)

 震災前と比較して、震災後に行った調査では「耐震性能」に関する意識が非常に高まっていることが分かった。そこで、今回のコラムでは、地震と耐震性の正しい考え方についてお伝えしていきたい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news121.jpg
需要拡大に対応:
news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -